新着Pick
500Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでずっと「事実上廃案」という言い方で、「撤回」とは絶対に口にしなかった行政長官ですが、デモ隊ら市民側が求めていた要求5項目の1つを受け入れた形です。逃亡犯条例改正案はデモの発端になった案件ではありますが、時間が経つ間に市民の不満はこの条例から「民主化がいっこうに進まないどころか、むしろ後退していることへの絶望感」という構造的な問題に広がりました。これが事態収束につながるかどうか。
これで過激化した市民デモが一旦は収束することが、私は望ましいと感じます。
3か月間の市民デモの拡大で要求項目は多岐に渡りますが、香港市民の中でも温度差を感じるからです。
香港も移民がパワーの源泉です。移民が海外に逃げ出すほど過激化した市民デモは、市民にとってマイナス面も大きいと思います。
民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は撤回報道を受け、「Too little and too late」とツイート。香港政府への不信感を表明しています。
https://twitter.com/joshuawongcf/status/1169167613223563264?s=19
現地メディアが香港行政長官が逃亡犯条例改正案を正式に撤回かと報じられていましたが、正式に撤回が発表されたのこと。
【香港行政長官、逃亡犯条例改正案を正式に撤回へ-SCMP】
https://newspicks.com/news/4193345

ようやくですね。何はともあれ、ひとまず良かったと思いますが、しばらくは注視が必要ですね。
公式な発表はまだありませんが、中国政府の追認しているということでしょう。事態の打開に向けて動きが出てくると思います。長期化しても、香港にとってプラスは少ないでしょうが、香港の世論はどう反応するのか?これをきっかけに、対話ムードが生まれてほしいです。
デモ側が求めている五大要求が実現するとは思えないし、中国も実力行使とはいかないだろう。現実的な落としどころとしては、デモ隊がデモ疲れを起こして収束し、西側のマスコミも徐々に関心を失くしていくといった所なのだろうか。そして中国政府もそれを虎視眈々と狙っているような。。。
大きな一歩。しかしながら、他の要求にゼロ回答ではデモが収束するのかは不透明であり、引き続き民主的・平和的な解決がなされることを期待し、働きかけていきます。
これを受けてもどうやら香港の民衆は要求がまだまだ呑まれていないとデモをしている。どうなるんだろう。
これで事態が収拾することを願っています。
これ以上過激化するのは、どう見てもお互い引けなくなって良くないですから。
【国際】「民衆の勝利」と捉える人もいるのだろうけど、民主活動家は「五大要求」のひとつが受け入れられたに過ぎず、他の4つについては受け入れられていないわけだから今後も闘い続けると表明している。香港の混乱はまだまだ続きそう。