新着Pick
265Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
んー
こうも続くと何が始まりだったかを考えねばなりません。
攻撃者も藪から棒にやっているわけではなくてローリスクハイリターンを見込めるところに攻撃するわけなので、paypayや7payを見て「なるほどいけそうだな」と思ったようなきもなきにしもあらず。。。
しかし上にあげた二社と違って銀行ということでログはもちろん電子証拠プロセスに耐えうる水準でしっかり取ってあるんでしょうから犯人特定もすぐでしょう。
「Jコインペイ」は、ネットワークはJデビットのものを使っているのですよね?
→色々なペイがあって理解が錯綜気味。もし違ったらご指摘ください。
追記
Jデビットのネットワークを使うのはBankペイでした。
Jコインペイは、Pringのシステム使っているのかしら?
ググっても今一つ分かりません。夜調べます。

追記2
バックエンドシステムかも…という推測は変わらず。
でもなんでテストで開示するんだろう?
もしかしてclosed market Launchしていた?
https://etccard-tsukurikata.com/e-money/jcoinpayみずほ銀行/


私の理解が正しければ、みずほ銀行がテスト用に作ったバックエンドシステムに脆弱性があったというかと。
テスト用にしては参加加盟店舗数などのスケールが大きいですね。

どんな不正アクセスかの説明をするでしょうから、みずほ銀行からの続報待ちですね。
使ったことがないので、個別の話はしませんが、指紋認証やsms認証でこの手の問題は随分解消されると聞いたことがあります。専門家の見解を聞きたいところです。

シンガポールの金融機関のアプリは、私が使っているOCBCは指紋認証でアプリを開き、外部サイトでクレジットカードを使うときは、smsにワンタイムパスワードが送るられてきて、それを入力してはじめて決済されます。
金融のプロ中のプロ、鳴り物入りのJコインペイでもこうなら、やはり一斉に点検しかないのでは…。
それでなくても、やや拙速のきらいを免れない「○○ペイ」の乱立。ここで信頼を回復しなければ、年間2兆円とも言われる社会の効率化が頓挫しかねません。徹底的整理して欲しいものです。
ここ最近の不正アクセス手段と被害範囲などが、インフォグラフィックでまとめられるとわかりやすいなって思います。

事件の日時、不正アクセス手段、被害範囲、対策などの比較を知りたいですね。
Jコインペイの加盟店数がこれで明らかに?現在7930店。

それにしても、なぜメガバンクまでも?消費増税対策に間に合わせようと、あせった結果でしょうか。

度重なるMobileQR決済のトラブルで、モバイルQRコード決済は危ういという刷り込みが起きています。
システム移行は何とか済んでも、他に穴はあったということですね。テスト環境は意外と粗雑に扱われがちですが、本番環境と同じことが多いので、テスト環境がアタックされると本番もやられる可能性もあり。
やはり、不正アクセスされてしまうものと考えるべきなのかもしれない。
ーー
テスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。加盟店など計約1万8千件の情報を紛失した可能性があるが、現時点で被害は確認されていない。
このままでは始まるまえから終わってしまいそう
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.97 兆円

業績

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.58 兆円

業績