新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あおり運転が増えたのではなくて、統計があるのかわかりませんが、昔からたくさんあったはず。
痛ましい事故≒事件が起きたことであおり運転に注目が集まった。
注目が集まり、世論が喚起され、政策が動き、市場の商品も開発される。
なにかしらの社会的インパクトがある出来事からのトレンドからの商品開発の流れを感じます。
他だと高齢ドライバー事故でしょうか。うちの両親が自動ブレーキ車の試乗ではしゃいでました。
あおり運転をされている最中にオペレーターと話ができるのだろうかと、一瞬疑問を抱きましたが、案外効果的かもしれません。

とくに、1人で運転しているときにあおり運転をされると、精神的にパニックになる人が少なくないでしょう。

そんなとき、オペレーターが運転手と話をすることによって落ち着かせ、適切な対応に導けば適切な行動をとれる可能性が高くなると思います。

撃退と言うより、わが身を守る効果が大きいような気がします。
あおり運転が見える化され、事故発生時にタイムリーに保険会社に伝わる、ユーザーの事故発生時の負担が軽減されるだけでなく、いままでと違った質の高い安心感もユーザーが享受することができますね。
貸与されるドライブレコーダーと通信インフラとの接続が必要不可欠であり、どのような通信インフラをユーザーが用意することで実現できるのか、そのあたりも、ぜひ詳しく知りたいところです。
ドライブレコーダーが東京海上から貸与され、警備会社から警察に通報など行ってくれるそうです。
東京海上日動火災保険株式会社(とうきょうかいじょうにちどうかさいほけん、英称:Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co., Ltd.)は、日本の損害保険会社で東京海上ホールディングス(株) 傘下の完全子会社である。 ウィキペディア

業績