新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
雇用の課題で言うなれば、我々医療介護職の給料は基本的には保険料や税金で大半が賄われています。つまりは公費。
医療介護関係の労働者数は今や製造業に匹敵します。しかしながら、当然付加価値が高いものづくりの産業に比べて、私たちの労働は何かを直接的に生み出すものではありません。(幸せを生むとかは今は置いておいて)
何かを生み出す産業ではないところの労働人口が増え続けている。しかも、超越高齢社会ですから医療介護労働者の確保はトレンド。
医療介護は雇用を生み出す素晴らしい産業なのか?
例えばリハビリ職という専門職種は今では需給ギャップが高くなり、介護職との賃金差が狭まってきていたり。。。
だって医療介護が必要な人が増えてきているから。。。そもそも本当に“必要な人が”増えてきているのか?どのくらい必要なのか?という示唆に富んだ記事だと思います。
医療・介護に雇用・景気対策を期待することへの功罪を考えてみました。お時間のあるときにどうぞ。
介護ロボットを開発しよう。

介護者の肉体的負担を減らせる。ロボット産業を活発にできる。その技術は、海外に売れる。

なぜやらないんだ?