新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の主張を国際社会にはっきりと伝えることは非常に大事です。ただ、実際問題として、文在寅大統領の政権下では双方の歩み寄りは無理だと思います。
分かりやすい。英語だけではなく、韓国語にも翻訳して欲しい。望み過ぎではありますが、韓国の主張を他の国の戦後保証に当てはめるとどうなるかも、発信して欲しかった。

この外相が交代しないことを強く望みます。
理路整然。これを読めば日本政府の主張がよくわかる。このように外務大臣自身が海外に向けてしっかりと発信することは今後の韓国との外交戦において大事です。

これが日本の主張のいわばデフォルト。韓国は何を言っても理解しない国なので期待するだけ無駄ですが日本のマスコミ報道を読む際の基準にもなるでしょう。
このところの日韓関係は、こちらで整理をしました。
【3分解説】対立する「日本と韓国」の主張を整理しよう
https://newspicks.com/news/4123102/

このように報道への大臣投稿は重要なことです。他方、もう一歩先に、これをどうやって広めるかが重要です。ブルームバーグに載せたから自動に広がるわけではありません。各国の有識者など日本人以外が発信したり、日本人がリアルなイベントで話すことがしっかりと伝わります。

シンガポールにいて、英語で行われる国際情勢の研究会やセミナーに顔をだしていますが、日本人はほとんど見かけません。韓国人と中国人(華人系シンガポール人ではなく、中華人民共和国の方)は、ほぼかならずいます。

先日、3人の日本人有識者&エキスパートの方と一緒に、ヤングチャイナウォッチャーズというシンガポールの勉強会で、日中の東南アジアにおける役割と題して、セッションを組みましたが、日本人の話を英語できけることは少ないので勉強になった、とのフィードバックを頂きました。

政府の代弁を完全にしてしまう民間人は、微妙に受け止められますが、ただ、日本側の事実関係などは、民間人が語ることはできます。ロビイストではありませんが、政府は、あちこちで発言できる有識者やエキスパートとの関係を作り、発言する場にできるだけ出てもらえるよう、上手い仕組みを作っていく必要があります。
英文があるので twitter や Facebook で拡散したい

https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2019-09-03/japan-south-korea-trade-spat-boils-down-to-trust

# 「河野外相を変えるしかない」と発言した立民の枝野代表は恥をさらしてしまった
河野外相は、徴用工問題と輸出管理強化とはリンクしない問題だと強調しています。
私もこの二つをリンクさせることよりも別の問題として扱うのが筋だと思います。輸出管理についてはきちんと両国が協議をし、双方納得できればリスト復帰もあるという道筋を設けておくべきだと思いました。日本企業の今のビジネスにも関わる問題ですので。
ブルームバーグ(英字新聞)への寄稿なので日本政府の主張を海外に伝える事が目的なのでしょう。内容はこれまで通り。そしてこれに対する韓国側反論も既に出されおり、お互いまだ平行線のままです。

近々日本では改閣があると聞いていますが、河野外相とカン外務部長官とは長い事やり合ってきた過程でお互い気心も知れ、交渉に必要な信頼関係が出来つつあるのではないかと思いますので、新たな外相の登場よりはこのまま河野外相の続投を願っています。

もちろん外相レベルでは解決出来ない問題だらけではありますが…。
これまでは韓国側から大統領や政府首脳などの頓珍漢なコメントが出されるばかりで、なぜ日本側はしっかりとした主張や反論をしないのか不思議でしたが、ようやくまとまったものが出ました。英語版も出してますが、韓国メディアがちゃんとこれを引用した報道をするかは疑問なので、韓国語版も出すか、毎日新聞や朝日新聞などの影響力があるマスメディアが韓国語版を掲載してはどうでしょう。もちろん自らの主張に利用するのでなく、全文掲載で。
慰安婦合意の再々の実質的な一方的廃棄についても書いてほしかった。
いずれにしても支持します。
この問題は、原則的なものであり、妥協すべきものではない。
経済的な損があってもこの立場を維持すべきだ。
これを読んでも理解できない相手と対話をしなければならないのだから恐ろしい。