新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは「ごまかし」のサービスだと思います。

私も1年くらい前に面白そうだなと1度登録してDrをした事がありますが実態は極々軽症の患者さん(例えば風邪やインフルエンザ)に薬局で売っているような風邪薬を渡して、おまけに人的・財政的コストをあげるだけの治癒証明書を近医でもらうように紹介状を書かせて1回の訪問で2-3万円を売り上げる方法で、これが自由診療なら何も問題はないのですが、保険診療で東京都の場合は子供は実質無料になる事からみなさんの税金が何も意味を持たない事に投入されている事になります。これは私の想像でしかないのですが、実際に高齢者などで少しでもリスクを感じたら救急車で病院に行って下さいとコール対応しているのではないのでしょうか。となると不要な医療サービスの需要を発掘して保険や社会保障費で対応しているだけです。

訪問システムとしては確かに良いなと思う部分はあるのですが
皆保険制度の破綻を早めて将来世代に負担をかける事を厭わないマインドがどうしても受け入れられず一回で辞めてしまいました。
私の個人情報はあちらに漏れているので嫌がらせなどされると思いますがそれでも皆さまに医療のサービスのあり方について考えて欲しくて久しぶりにコメントしました。
追記
上松先生が経験者にしかわからないコメントをして下さっていて、とても参考になります。

応急処置対応で自分たちが薬の在庫を抱えるとなるとどうでもよい感冒薬が選択されているのかもしれません。

治癒証明書はリスクヘッジということなのでしょうか、自分たちのところで完結させないことで。
治癒証明書をもらいにいくように勧めるというのは感冒やインフルエンザなどにおいても、まともな医療者のすることではありません。。。

あげく、紹介状は選定療養費と違って保険が効きますが、適当に内容のないものを書いても、例えば「風邪でみました。病状悪化時には貴院を受診されると思いますので、ご高診お願いします。」と10秒くらいで書けるものでも250点(医療費として2500円)かかります。しかも、返信を診療情報として書けば倍額になりますし。
紹介状を書いておくのは売上と、重症化したらその病院に行ってねっていうことなのかもしれません。

改善されることを望みますね。(正しくやると儲からない、というジレンマに陥りますが、、、)



元コメント
東京だから成り立つサービスですね。

医師も常勤・非常勤合わせて300名ほど登録しているとのことです。勤務医はバイトしている人も多いので、送迎付きの1次救急と考えればそれほど高給でなくとも、寝当直以上救急当直未満の給料で働いてくれるでしょうけど。ある程度登録医師を確保しないと難しいので、やはり首都圏が中心になるのはやむを得ません。

救急外来で選定療養費をとってるところというのも、調べたことはありませんが、やはり東京が多いのではないかと思います。
さすがに田舎で他の選択肢ないのに「ウチに来たからには選定療養費とるよ」ってところは多くなく、専門外来では算定するものの救急外来では算定されませんよ、、、
(都内でも救急外来で算定されるかは病院によると思います)

コストの比較にデフォルトで選定費が入っているのは、見栄えを気にし過ぎたのでしょうか?



とはいえ、患者さんの利便性が上がったり、救急車の過剰利用がなくなるのであれば良いですね。

医師の働き方にも選択肢が広がりますし、応援したいと思います。
24時間対応してくれるというこのシステム、患者目線では素晴らしいサービスと思いますが、医師の目線では少し違和感があります。

救急受診の患者層は、重症度により大きく3つに分けられます。
①:緊急性がない軽症な患者
②:入院が必要になる重症な患者
③:①と②のどちらか微妙で、血液検査や画像検査での判断が必要な患者

夜間往診では②の重症患者は取り扱えず、③の層も血液検査や画像検査ができないため、取り扱うと誤診する可能性が高まります。また③が重症だった場合、往診を待つ時間+病院を受診する時間がかかってしまうため、③の層をこのシステムで取り扱うのはリスキーでしょう。結果的に誰がどう見ても軽症そうな①の患者層をメインターゲットにして、単価を高くするために処方を過剰に行うことになると思います。実際のところ、軽症患者に夜間の緊急の薬が本当に必要となる状況は限定的です。

ニーズはあるしビジネスモデルとしては良いかもしれませんが、軽症患者への過剰医療を助長することになり、医療倫理の観点では疑問符が付きます。厚生労働省はどう見ているのでしょうか。
実は、ファストドクター さんにICCへの参加を勧めたのはボクでした!
はい、「あれオレ」的な自慢ですw
そんなことはともかく、本当にお誘いしてよかった!!
めちゃめちゃ嬉しい!

サービスとしての素晴らしさ、そして経営陣の素敵なマインドにボクはすっかり魅了されています。

是非とももっと認知されて、医療に関するさまざまな課題を片っ端から解決してほしい!
ボクもいろんな形で関わらせていただく予定です。
夜間往診サービスのファストドクター、急に体調を崩すことが多い子供をもつ親にとっては大きく2つのメリットが魅力ではないでしょうか。
・家まで来てくれる
 - 体調の悪い子を家で寝かせたまま待つことができる
- 二次感染の心配がない
・病院が閉まっている時間に対応してくれる
 - 休日や夜間などに発症しても、すぐにみてもらえる

一方で現状は、ニーズ>供給の状態なのか、夜間すぐに見てもらいたいときには既に終了していたり、昼間にネットから予約してもオペレーターから受診可否の連絡がなかなかこない時もあったりと、まだまだサービスを改善していける余地は大きそうなので、頑張ってほしいです!
素晴らしいサービス。ぜひより一層普及してほしい。ICCには毎回参加しているが、カタパルトは社会課題に真正面から立ち向かう骨太なスタートアップが多い。ネットだけではなく、リアルなオペレーションも磨き込み、まさにOMO時代(Online merges Offline)の到来を感じさせる最先端のもの。圧倒的な顧客体験を実装したものだけが生き残る世界になってきたなーと思います。
うちも去年準優勝をいただいたICCのスタートアップカタパルト。
参加スタートアップの全社が何十時間もかけてピッチを作り込み、練習を経て登壇するので、毎回すごくハイレベルなピッチバトルが展開されています。アクセラのデモデーとは空気感が違う。そのことは冒頭の表彰写真に写る起業家たちの表情にも表れていると思います。これ、まだ午前です。笑

ファストドクターは事業性はもちろんのこと、社会的意義も強く、審査員の共感を得られたことも優勝のポイントになっていると思われます。
気になるのは医者の定着率のところで、キャリア的な魅力が相対的に薄い往診特化の勤務形態にどれだけ優秀な医者を集められるか、供給サイドがボトルネックになりえそうです。
今後の成長が楽しみです!
素敵な期待したいサービス。
一般でもわかりやすいスクリーニング対応が大事になってくると思います。夜間の高齢者や子供の急変に対して家族は冷静ではないことがほとんどですから、ユーザーからの情報を電話だけでなく、今後はライブ動画で見ていける遠隔診療などとも親和性が高そう。
ただ、やはりサービスが広がっていくと最終的な課題は医師の確保になると思います。
サービスが展開できる地域差も出てくるでしょう。
このサービスがより良い医療の質とアクセシビリティと財源のトリレンマにどう切り込めるのか期待です。
プレゼンも聞いてましたし、何度か使ったユーザーでもあるので、ユーザー目線として嬉しいです。
親目線では病院に行く体力もない、行っても待たされ、別の病気をもらいそう、という状況では本当に助かります。
批判的なコメントもいくつかはありますが、気軽に救急車を呼んでしまうという実態があるなかでは、こういうサービスが普及して吸収してくれることは社会にとってもよいのでは?と感じます。
ユーザー側としてはもっとコストを負担しても良いとも感じるところですが
上松先生のコメントや他のユーザーのコメントを見ていて、医師とユーザーとの違いが明確ですね。

ユーザー側としてのメリットは
①夜間のちょっとしたことでも診てもらえる安心感
②夜間だし料金もどうせかかるから、割安感
③最悪、診療情報提供書も貰えて、大学病院へもかかることができる
といったところでしょうか。

医師側としてのメリットは
①シフト制である程度のお金が貰えて自由な暮らしができる
②診ても重症の場合は救急に送ればいいし、軽傷でも手紙を書けばリスクは取らなくていい
③救急対応をしている医師にとっては軽症患者を診なくても済む
ですかね。

ビジネスとしてはニーズもあるし、ある一定の質が担保されればお金も取れるしいいんでしょう。「救急車の適正使用、軽症な患者を適正に診れるように」というコンセプトはいいですが、やはりビジネス色が強いですね。
基本的には軽症患者の救急コンビニ受診を減らしたいのであれば、ある程度健康に関して正しい知識をもつことと市販薬で対処する、仕事のせいにせずに日中にきちんと病院を受診する環境を整える、ということが大事です。

悪いこととまでは言えないですが、軽症患者の過剰診療を助長するように感じます。ましてや保険診療なのであれば。
医療者としては「救急車タクシー問題を解決」とは感じず、救急車タクシーの代わりのビジネスやりますよ、という印象です。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン