新着Pick

中国×イノベーション 第7回 ニューコマース

中国ビジネスラボ | 中国人集客・中国企業向けB2B・中国HP制作・中国ビジネス支援情報満載
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生鮮OMOと社交電商、小売関係のベンチャー投資では、この2部門の会社が圧倒的に多い。ただしそれぞれの代表選手である「拼多多」「毎日優鮮」とも、損失額は縮小しつつあるが、赤字企業である。シェア獲得を、採算性より重視する、中国ベンチャーのいつものスタイルだ。
生鮮OMOだけでも「毎日優鮮」以外に、「本来生活」「美菜」「叮咚買菜」「易果生鮮」「百果園」「銭大媽」などが業容拡大を競っている。配送センター、店舗倉庫一体、配達、来店、それぞれの要素を分析し、各々の特色を打ち出しているが、黒字を計上している企業はおそらく一つもないだろう。

社交電商の方は、デリバリーまでのタイムラグが許されること、商品の幅が広いこと、会員制などの要素から、多少経営的ゆとりはありそうだ。

いずれにせよ5年先の小売業は、どうなっているか全くわからない。まったく新しい企業がチャンピオンとして、ときめいているかもしれない。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

業績