新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファンドマネジャーは保有している国債が満期を迎えるのをビクビクして待っていると聞いています。次の目ぼしい運用先が不足しているからです。

外国株はリスクの観点で一定以上持てなかったりするので、その中間的な存在としてデットファンドがあります。例えば外国企業向けのローンなどです。
ここで個人的に薦めたいのがプロジェクトファイナンスデットです。
プロジェクトベースのものなので契約関係や資金の使途が見えますし、担保付きです(契約が担保)。期間も15ー20年前後のものが多くデュレーションも機関投資家の方のニーズとマッチします。また社会的に好影響を与えるものであれば(例:太陽光発電、病院等の社会インフラ)、所謂ESG投資(Environment, Social, Governance Investment)にも該当するものも多いです。
日欧の金利マイナス化は、過度な財政均衡主義の副産物の側面もあるでしょう。
企業年金向けの助言業務を拡充し、ポートフォリオ分析や資産管理などの業務を包括的に代行する新たな信託商品を月内にも導入する、とのこと。みずほ信託銀行の飯盛徹夫社長とロイターとのインタビュー。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.33 兆円

業績