新着Pick
641Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
銀行、広告、飲料、映画、自動車、政府、コンサル、そして地方自治体ーー。業種は7つも8つも「またいで」転職し、仕事の幅もそのたびに太くしてきた加治慶光さん。

そのモチベーションの源泉は「危機意識」だといいます。当初は広告業への危機感、それが日本の産業への危機感になり、ついには世界の持続可能性に対する危機感に発展する。そのスケールが大きくなるたびに、仕事の幅も大きくなるとは、大きな発見と学びでした。

会社や人に期待しすぎない、自分の意見にこだわりすぎないという言葉も印象的でした。
加地さんに初めてお会いした時は日産のマーケティングディレクターでGTRのR&Dのお話を聞いたように記憶します。
次お会いしたときはアクセンチュアの働き方改革の旗振り役でした。
業界業種全く異なるところをまたぎ、その筋の専門家として人前に呼ばれる。
社名役職名でななく個人名 職業 加地慶光である。

社名やタイトルでなく成し遂げたプロジェクトや、スペシャルティで名前を知られていく。ビジネスパーソンとして密かにそこを狙ってます。

そのきっかけは20年前、ソムリエ田崎真也さんにお会いしていただいた名刺に社名め職業名すらない、田崎真也とだけ書いてあったこと。ソムリエ、貿易、会社経営、レストランオーナー、様々な顔があるがこの人は職業田崎真也だ、とノックアウトされたのが原体験。
どうでも良いけど、今回の転職特集、自分に取材依頼が来なかったのはどうしてだろう?と密かに悩んでます…。
今は地方自治体の参与ですか。
私も加治さんのお名刺、4箇所分持ってます(笑)

営業は学びが多く経験に値する職種、最後の漂うように生きている、は共感します。

あらためて転職力に感心。
タイトルにロールモデルとありますが、いろいろ凄すぎて多くの方には遠いロールモデルのような気がします。

転職とまではいかなくても日常的な仕事の中でも「ズラし」や「またぎ」のプチバージョンは出来たりします。自部署から他部署へちょっと越境して一緒に課題に取り組むとか、プチプロジェクト的に仲間と改善活動や推進活動をしてみたり。

国境みたいな大きな越境でなくても、県境とか、ちょっと近所の小川を渡ってみるみたいな「またぎ」からスタートしてもいいですよね。
職種をまたいで分かったこと。
営業、マーケ、コンサル、PM、アーキテクト、エンジニア等の間には、お互いに理解できない心理的な障壁(バカの壁、ATフィールド)がある。お互いの仕事に踏み込んでこそ、はじめて真の意味でコラボできる。

業種をまたいで分かったこと。
業種ごとの固有の課題があるように見えるが、暗黙のルールや空気感に従うより、本質を見失わず基本に忠実であることの方が大事。
またぎ転職の中には、“ご本人の自己満足度は高いが、その時関わった会社や同僚からの評価は低いケース”も結構あるなぁと感じます。
そのようなケースと、加地さんのように“危機意識を持ちその時最善の場にリスクをとってジョインし、成果で貢献する”方とは雲泥の差。
この記事のように、またぎ転職の素晴らしい事例が広まることで、真のまたぎ転職が定義されていくと思います。
一度、イベントで一緒に登壇させていただきましたが、礼儀正しく謙虚なのに、経験からくる知識の豊富さや行動力も素晴らしい方でした。
ご自身の経験ベースでお話しされてるので、キャリアに対する考えはわかりやすく大変勉強になります。
加治さんには、内閣官房国際広報室におられる時にお会いし、アクセンチュアに転じた後にも、広島での平和のための経済人会議でご一緒しています。

企業・行政・NPOといった異なるセクターでの実務経験がある指導者のことは「トライセクターリーダー」と呼ばれ注目されています。加治さんのように、民間と行政をまたいで、社会課題を解決するキャリアは、ますます広がっていくことでしょう。
またぎ転職とは「漂うように生きる」こと。人間には多様な能力があるということがこのレポートでよくわかります。

それに気づき、それにチャレンジする姿勢があれば、新しい流れが自然にくる。その流れに乗るか、乗らないか、は縁。一期一会が大切ですね。
この連載について
上司とソリが合わないから、同業他社に転職する……。そんな後ろ暗い転職よ、さらば。 今は、成長の機会を取りに行くために、より伸びている業種・職種に横スライドする時代だ。 では、引き合い殺到の「伸びている職種」とは?  そのランキングを掲載するとともに、業種・職種をまたいで転職したロールモデル達から、成功の極意を引き出す。