新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フーマーのモデルをやってみれば、うまくいくのではないか。新鮮な魚介を30分で届けてくれるサービスが実現したら嬉しいですが、そこを実現できているのは、日本よりも人件コストが安く、リソースが多い中国ならではです。

ただ、中国でもフーマーの真似をしてうまくいっているところはあまりないと聞きますが。

日本でもライフ・Amazon、楽天・西友の取り組みなどがクローズアップされていますが、まだまだ模索している感が否めません。

さらにセブンアンドアイが出した新業態もフーマーっぽさを感じるビジネスです。今後どうなるか楽しみです。
フーマー は高級スーパーの部類に入るので、上海の高所得者層を取り込めたことも大きいですね。目新しい体験に対してお金を払う層がちゃんといて、そこにしっかりアプローチしています。

向こうの人に聞くと、注文はネットで配達は会社に届けてもらったり店舗でピックアップしたりと、家で受け取る以外の使い方も色々とされているようです。同じECと言っても、この辺りのリアルとの組み合わせでの使いやすさがEC比率を上げているものと思います。

ちなみに以前はアリペイでしか決済できませんでしたが、直近では現金レジもできていて、意外と人が並んでいました。
フーマフレッシュ創業の逸話がおもしろい。「オンラインの収入がオフラインを上回るようにする」ことを目標にしたそうです。

つまりリアル店舗の収入より、それに接続したオンラインの収入が上回るようにすることだった。

我々凡人は、リアル店舗の補完としてオンラインを考えますが、その逆だったのですね。

昨年末に上海のフーマフレッシュへ行きましたが、モバイルで注文する人が半数を超えていると話していました。
上海一号店ではオンライン受注が70%でオフラインの2倍以上に。フーマーの配送バックヤードを一度見させてもらいましたが、出稼ぎの方のマンパワーがめちゃくちゃ強く。今後の人件費高騰を考えると、ここも数年後にはガラッと変わるんだろうなと感じました。
OMO(Online Merges Offline)の代表格であるHemaが、どうやって設計・成長してきたかが分かりやすい。
冒頭に物流の話がある。HemaはECの倉庫が遠くにあるのではなく、近くの店舗に移ったようなもの。それはコンビニも一緒。コンビニが様々なサービスを展開して、色々な業種を食ってきた。Hemaの坪効率が高い中で、「誰から顧客を奪ったのか」が気になる。なお、注意点として、坪効率は立地に影響される部分が多いので、そこは気になる(例えば都心のコンビニは当たり前だがいわゆる50-60万円のコンビニの平均的な日販より高いだろうし、土地代も人件費もかかっている)。
生鮮ならではの難しさがわかる記事。大胆に繊細に。オフラインにオンラインに。そしてその先のテクノロジーまで。小売はどんどん面白くなってますね
オフラインからオンラインへどう繋げるか。教育研修においても今後求められていくだろうな。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

小米科技(Xiaomi、シャオミ)は、中華人民共和国北京市に本社を置く総合家電メーカーで、2010年4月6日に雷軍によって設立された。 ウィキペディア