新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンラインのメリットは、リアル店舗費用がかからないことだと当初は考えられた。
けれど、オンライン店舗が増えて、人目につくためには多額の広告費が必要となっていく。
オンラインで支払う広告費は、リアル店舗で支払う店舗運営費用と同じレベルになってくる。
それが、EC企業がリアル店舗拡大をする動きへと続いていく。
オンラインとオフラインはますます渾然一体となって、“総合格闘技化”していく。
「ニューリテール」の本質とは、小売業が「高効率」になること。デジタル化が進めば、生産効率は上がります。

ただ、忘れてならないのが、消費者の視点。ニューリテールは、消費者にとって利便性の高いサービスになっていることです。

モバイルで注文した新鮮な食材が30分以内に届く。その食材はどこで取れて、いつ出荷されたか。どんな料理ができるか、など豊富な情報が瞬時にネットから取れます。

価格はダイナミックに変動。オンラインとリアル店舗は常に同一価格。売れ行き予測に基づいて、ディスカウントも簡単にでき、食品廃棄もなくなります。
物流インフラが全土で安定していない中でのEC化率15%まできたのはすごいですが、逆に言えば全土を網羅する投資よりも、既存小売85%に攻める投資をした方がスピードが早いということもあるかもしれません。
また、ECの過当競争は資金力が前提となってしまうため脱落者や回避者も出てくるでしょうし、広告に関しても広告の在庫と露出に限界があるという可能性もあります。

決済・金融を含めた「高効率」なインフラを提供することで、既存小売業が人員やスペースの限界を気にせずにビジネス展開できれば、そこで落ちる手数料、広告、スコアが次のビジネスになるのでしょう。
今後の中国小売も注目です。
「新小売革命」には、「オンラインのコストが高くなっていった」などと書かれていたのですが、その時どんな景色が広がっていたのだろうかと思っていました。

日本のEC化率は約9%。まだまだ他国と比べて低いと言われていますが、そろそろ横ばいになってくるのかもしれません。

それは例えば「楽天」やAmazonの出店者の動向から見えてくるのかもしれません。
ここがマーケティング戦略を考える上でのポイント

"つまり、オフラインで店をやるのと、オンラインで店をやるコストがだんだん近くなっていった。"

日本でも特に地方は、オフラインの価値を再定義していった先に答えがあると思っている。
小売の原点に立ち返る時が来てるのかな。個人的には、弊社子会社のとくし丸は本当に小売の原点だなと思うこと、しばしば。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績