新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日は防災の日です。

まずお伝えしたいのは、災害発生時に、「行政は何もしない。自分と家族は自ら守るしか無い」ということです。

例えば、災害直後の一週間、いかに水や食料を手に入れるか。
コンビニの物資は瞬時になくなります。
東京でいえば、1日目は自治体が。2-3日目は東京都が。4日目以降は国が物資供給する流れとなっています。
しかし、自治体の備蓄は在住者向けのものです。東京都や国の物資は、物そのものは確保できますが、被災地域に確実に届く保証はありません。
大災害を想定すれば、自分と家族が少なくとも5日以上生き延びるための水食料はあらかじめ確保すべきです。

「国民の問題は、政府・行政がしっかりと対応すべき」という流れとなっていますが、こと災害時には、行政が一人一人の状況に対応することは不可能であると、考えるべきです。
防災の日の今日、日本各地で訓練が行われています。