新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルワンダに行った際、カネカさんのこのウィッグの話を聞き、実際にスーパーにいくとこの商品が並んでいて手に取っている人も多く、驚きました。
カネカさんってB2Bのイメージが強かったのと、日本からアフリカに進出している企業は数少ない中、アフリカ市場シェアをかなり取っている。
視野を広げると、日本の技術や品質の活躍の場はまだまだあると思いました。
カネカさんが行っているのは、最終製品の販売でなく、現地のヘア製品工場向けへの化学繊維の供給。B2B事業です。シェア50%は、工場への納入原料に占めるカネカ原料の比率でしょうか。当然ながら市場では現地で作っていない中国からなどの輸入品も多く販売されています。

アフリカの人にとってのエクステンション、ウェービングといったヘア製品は(ウィッグの販売比率は相対的に小さい)、おしゃれというより「みだしなみ」ですね。都市に住む40歳くらいまでの人は、9割が使っていると思います。一方で、都会では「自然のままの髪でいよう」という流行もあり、短髪で染めているような女性も増えています。

こういった原料供給ならば、マットレスやペット用の化学品や缶や屋根材用のアルミなど、比較的多くの日本企業がアフリカへ輸出しています。また、そういった輸出は、日本企業にとってチャンスのある領域のひとつです。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト
https://abp.co.jp/perspectives/japan/List_2019.html
一営業担当が、カネカ製品を買い込んでいるアフリカ人を見つけた時に話しかけたこと、その後すぐ本社に連絡したこと。
そして、本社もそのままセネガル人に同行するという大胆でスピード感のある指示を出したこと。
そので出会いは偶然かもしれないけど、チャンスを味方にする行動が社に染み付いているからこそなし得たことで、単なる運河よかったね話ではない。
一人一人が当事者意識と経営的視点を持っている組織がいかに強いか考えさせられる内容でした。
確かに肌色とよく合ってて素敵です。

普段繊維やらないのでどんな製品だったっけと思いましたがいい説明が出てますね。
http://www.kanecaron.com/jp/about.html
自己消炎性のアクリル繊維らしいです。
人毛・獣毛に近い質感が出せるので、本記事のようなエクステ以外に、人工ファーのような使い方もできるみたいです。
いい製品ですねこれ。
アフリカ20カ国でトップシェア、更に進出を始めたのは1980年代なんですね。判断力の速さと現地それぞれでローカライズをしっかり進めららるのが素晴らしいと思います。
現地パートナーに販売を任せているようではまだまだ。こうした手離れのいいビジネスやってちゃ取れる利益も少ない。自社で販売、在庫管理、与信管理から代金回収までやらなくちゃ
アフリカの可能性を感じさせる記事。

アフリカ大陸全体の人口は約13億人、中国やインド1カ国と変わりませんが、2030年には25億人まで増えると言われていて、今後マーケットのプレゼンスは間違いなく高まります。

あまり知られてませんが、アフリカ全土の平均年齢は21歳と非常に若いです。中には平均年齢が10代という国も多数あり、エクステはそういう意味でもマーケットフィットしやすい製品なのかもしれません。

近年アフリカでは救急車版Uberなど、独自の社会課題を解決するスタートアップが次々と登場していますし、日本が完全に遅れをとってる電子決済に至っては2008年から既にあります。

フロンティアと呼べるのもあと数年かも、、、
アフリカの女性は髪の毛をとても大切にしているように見えます。日本人の髪の毛より手間がかかりそうですが、いつもキッチリとしている印象です。
たしかにカラフルなヘアエクステンションはアフリカの女性が気に入りそうなアイテムだと思います。
ナイジェリアではなくガーナという部分が深いですね。

巨大市場ですが、中国が先行している中、すばらしい活動だと思います。
動きが早い。素晴らしい。