新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
低金利環境が続くと、調達と運用の利鞘が縮小する一方で支店が抱える賃料や人件費等の固定費は一定なので採算が悪化し、最悪の場合損益分岐点を下回る。

一方で預金は安定した資金調達源として銀行の生命線でもあるのでバランスが求められる。
間接金融から直接金融へとの流れは、ドイツ銀行も興銀も認識していたけれど、もはや資金不足のサイドが求める金の動きは広義の貸し借りから出資へと変わっている。
投資銀行も直接金融まではついて行けたが、出資となって優劣が分かれた。

この動きには、BIS規制に縛られた金融機関は対処できない。
海外の投資銀行領域だけでなく、国内の都市銀行機能部分も縮小モード。

業績