新着Pick

4億3千万円流用で懲戒解雇 ローソンのIT部門担当社員

共同通信
ローソンは30日、2011年から9年間にわたり、取引先と共謀して4億3千万円を私的に流用したとして、IT部門を担当する50代の男性社員を懲戒解雇にした。近く元社員と取引先の50代男性を刑事告訴する。
768Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ローソンは30日、9年間にわたり4億3千万円を横領したとして、IT部門担当の50代社員を同日付で懲戒解雇にしたと発表した。」

なるほど。IT部門でシステムの発注に関して、受注する会社を架空に作って、そこからそれっぽい見積もりをつくって、ITシステム発注を決裁権限をもった立場にて、9年間続けたのかな。
4.3億円といわれるとデカイけど、月額発注費用に割ると(9年間×12ヶ月)400万円弱。まぁこれでも全然小さくはないですが…。
9年間…。
4億3千万円…。

9年間という年月、さらにこんな額になるまで、
なぜ気付かなかったのでしょうか…。

それぞれの店舗では、きっと毎日のレジ締めなど、一円単位で細かく確認しているはずなのに…。
こういうことが起こるから、大企業は定期的に人事異動をしているのでしょう。

顧客に損害を与えないように、銀行の営業職を定期的に人事異動させるよう金融庁がわざわざ指導していたというのには驚きましたが・・・。

同じ部署が長くならざるを得ない場合は、最低限クロスチェックが必要です。

上司が内容をチェックしないで承認印を押したりしていたのでは、意味がありませんが・・・(笑)
これは相手企業に共犯者がいることで成立した不正手法ですね、9年間で4.3億円というと大きい金額ですが、月額にならすと400万円強です。ローソンクラスのシステムの業務委託料であれば、4本の別々の業務委託契約にバラしてしまえば、見つけるのは意外と骨かもしれません。

これは、要は正しい請求額に上乗せして取引先に支払って、取引先で、この上乗せ分相当を経費として使ってキャッシュアウトさせていたわけです。取引先で利益率が変わらないので、埋もれてしまったのかもしれません。
また、ずっと続いていたので、逆に目立たなかったという皮肉です。金額的には小さいですが、こういうやり方の不正は意外と多いです。
it部門担当者ということですが、内部システムについてのガバナンスや、集権制度など、いろんなところの課題を株主から指摘を受けそうな気がします。
このデジタル化された時代にどのような手口で横領したのか、とても関心があります。逆にデジタルの知識を使って操作したのでしょうか。かつての業務上横領は、預金高や預かり高を操作できる銀行員や証券マンが口座回しをするか、会計を完全に任された人物がやりたい放題するといったアナログゆえの犯行が主流でした。POSシステムを完備しキャッシュレス時代に立ち向かうコンビニでの犯行はどんな姿をしているのか。
恐ろしい金額ですね。どんな手口だったのかと、どうやって発覚したのか?が気になります。

手口や発覚方法が広まれば、不正予防に繋がりますね。
なんでこんな事に気付かなかったんだ、というこの手の話は意外とちゃんとした会社でも多いですね。

もちろんしっかりガバナンスを効かせてゼロにすべきですが、ガチガチにしすぎると新しい事が起きにくくなり、働きにくくなる。

悪意のある社員がいた場合に、不正を100パーセント見つけられると思ってる経営者は少ないと思います。
9年間で4億。横領ってだんだんエスカレートするパターンが多いのですが、いつどれぐらいずつ抜いたのか。あと、気になるところはIT担当者というところ。システムそのものの欠陥を突いたものなら、いろいろ見直しも必要になりそう。(案外、伝統的なもの、単純なものかもしれませんが…)。少なくとも監査の形は変わりそうですね。しかし、なんに使ったんだろう。年間5千万円×9年間のプロジェクトぶんのお金と考えると、改めてすごい額ですね。
古典的手法でしょう。だからこそ接待のコンプライアンス管理があるはず。過大請求の発見だけでなく、広義の接待の管理体制
を問うべきだと考えます。