新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は243円高となっています。
米国株がNYダウで326ドル高と大幅続伸したことや円安106円半ばを好感して、今朝の東京市場も買い先行、180円高から始まりました。
米中貿易協議の進展期待はあるものの、アテにしずらい面もあって、上値を取る動きに躊躇は見られましたが、台湾や香港株の続伸を見て、後場20700円に突っ掛け、そのまま高値圏で引けています。
アップルのイベントが9/10と発表されたことで、新製品期待から半導体や電子部品株が堅調でした。
ただ売買は低調でした。(注、東証1部の売買代金は14日ぶりに2兆円を超えたが、大引け4500億円くらいのクロス商いで嵩上げ)。
週を通せばわずかに6円安で反落、米中の追加関税報復合戦で週初は急落しましたが、協議再開への期待からどうにか折り返しました。
来週は9月入り、米ISMや雇用統計のほか、対中追加関税第4弾発動もあります。
米中協議の行方に一喜一憂するトランポリン相場、2万円台レンジ相場の転機を伺うこととなりそうです。
日経平均の終値は前日比243円44銭高の2万0704円37銭となりました。