新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(野村・山陰合同の提携発表の際のコメント再掲)
この業務提携スキームは、個人資産運用ビジネスを、そして地域銀行のビジネスモデルを、根本的にひっくり返す程の衝撃を持っていると考えます。
個人的には、この水平分業事業連携スキームの号砲は、包括的な形では1-2年後にSBI証券か楽天証券が鳴らすと予想していましたが、野村證券グループが一番乗りとは正直かなり驚きました。
地域銀行の戦略資産は当該地域における長年の取引関係に基づく信頼関係やブランド、営業店を中心とする対面チャネル等であり、個人・法人分野ともにその戦略資産を活用する事業戦略にリソース配賦を集中させるべきなのは言うまでもありません。
個人役務事業においては、それはつまり対面でのFA的付加価値の提供であり、そこに集中するためには投資信託等の販売管理システムやその商品選定業務等の一連のシステム・業務プロセスを除却し、外部の金融商品取引業者と連携することとなります。
対面でFA的付加価値を提供するための人材教育や評価・報酬制度の整備、必要な対面提案ツールの導入等、克服すべき課題は多いですが、地域銀行がその強みを発揮するために必要かつ正しい戦略的布石であると考えます。
一方、この大きな動きが進むと、地域銀行に投信窓販システムを納入している野村総研や大和総研等の証券系システム会社は大打撃を受けることを予想します(その意味でも野村総研と関係の深い野村證券グループがこの手を打つのは驚きました)。
足もと投資信託の基準価額計算の一元化の議論も進み、投信委託会社側でのバックシステムの除却も現実的なリスクとして出てきた証券系システム会社にとって、今後数年間は相当な正念場を迎えることは間違いなさそうです。

(参考)ニッキン投信「未来の「金融」ビジネスのカタチ 第3回「かつて銀行だった『銀行』」
https://www.jamplatform.com/pdf/20190311.pdf
証券と地銀の提携が増えているとのこと。

先日は、山陰合同銀行と野村HDが金融商品仲介業務に関する包括提携で基本合意したと発表しています。
【山陰合銀、野村と仲介業提携 20年度にも証券口座を移管】
https://newspicks.com/news/4168523
記事の中でもありますが、私の古巣、東海東京FGはずいぶん前から地銀と提携して対面の証券子会社を立ち上げています。元証券マンの感覚からすると資産運用の競合である銀行のお客さんに投資商品をセールスするのは夢の協業です
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
5,415 億円

業績