新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
でも、最終需要ベースでは年率3%近い伸びですので、4-6月期は強かったと言えるでしょう。
むしろ、ISM等の動きからして、7-9月期の減速が懸念されます。
米国の4-6月GDP改定値は、速報値から下方修正。
貿易摩擦の影響が出ているよう。

本統計発表後には、トランプ大統領が"The Economy is doing GREAT, with tremendous upside potential! If the Fed would do what they should, we are a Rocket upward!"とツイートしています。