新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはもう日本人が英語ができるかどうかとかそういった話ではなく、文化や社会、言語のあり方の問題です。西洋や中東では、古代から弁舌というのが指導者の必須の条件でした。日本は、西洋でいう意味での弁舌で社会が動かされた例はありません。
 竹下登氏や金丸信氏がそうであったように、日本で政治家などの指導者として求められる資質は、「空気を読んで」周りの人々に配慮することです。彼らが、大衆集会やテレビで雄弁を振るって世論をひっくり返したというようなことはありません。日本社会の人々もそんなことは求めていません。ヒトラーとかケネディ大統領のように、雄弁を武器にする政治家などいても、むしろ拒絶されるでしょう。
 日本人が外国人と英語でコミュニケーションするのが下手だというのも、英語教育の問題ではなく、そもそも文化と社会のあり方の違いです。インド人やアラブ人が間違いだらけの英語で、しかし派手な感情と身振りを交えた彼らの文化なりの雄弁で、欧米人を感動させるということはよくあります。日本人は、そもそも自分たちの社会にそのような文化は無いのですから、そういう社会に生きている限りは無理です。中国人は、まだ弁論の文化がそれなりにあり、毛沢東のような異様な言語的発信力を持つ人物も出てきます。
 この問題は、日本人が日本語で生きている限りは変わらないでしょうし、ずっと英語で生きてきて英語でなら雄弁になれる日本人がいても、日本社会では力を持てないでしょう。
1970年代や1980年代の日本を見てきたエズラ・ヴォーゲルからすると、過去の日本は、世界に向けて、言葉だけでなく、製品という形を通じてメッセージを発してきた国であったということを知っているだろう。それが今日の日本では失われているというのは、たしかにそのとおりだと思う。
もう一度、我々は何を世界に向けて語りかけることができるか、考え直すときであろう。
しかし、忘れてはならないのは、1970年代に日本人は世界にちゃんと打って出たということだ。過去を拭い去ったり、否定したりするよりも、あの頃に何を私たちはやっていたのか、どうでもいいものは捨て去っても、大切なものをもう一度見直すときではないかと思うのだ。
日本人のスピーチは世界から見ると異質ということです。男性のスピーチでも、時にか弱く、可愛らしく感じることも。もっと学ぶことが大切ですね。
日本の名演説、と聞いてパッと出てくるものがありません。
振り絞って私の中で出てきたのは昭和天皇の玉音放送でしょうか。
演説、スピーチって、それによってその人を信用したり、その人に陶酔したり、その人の言う通りにするようなものだとすると、日本では「言葉よりも振る舞い」による積み重ねの信頼に価値を置いてきたのかなぁと思います。
仮にそうだとしたら、スピーチで納得させるのではなく、積み重ねの信頼できる世界に信頼してもらう方針もありとは思います。
でも、世界競争の中ではそれは甘っちょろい戯言なのかもしれませんね。
皆に好かれようとする日本人気質では難しい、自身の意思をハッキリと述べる。

この主義主張が発信となる。
ここに尽きます。自分のポジションを明らかにしない人があまりに多い
> 「何を言っているのか、何を考えているのか」をはっきりと伝えられる総理大臣が、日本にはほとんどいなかった