新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソニーがオリンパスの株を買ったのは2012年、株価は1454円でした。その後株式を4分割しているので、このコストは363.5円。ソニーの売却価格は1165円になりますので、ざっと3.2倍になりました。良い株式投資だったと思います。
今となっては、ソニーとしてはオリンパスの内視鏡(とカメラ)への撮像素子の販売が継続できれば良いでしょうし、オリンパスもそれを期待していると思いますが、ソニーとオリンパスとの関係は過去非常にビジネスライクでしたので、資本関係のなくなった後の業務提携の実がどうなるのか興味ふかいです。医療JVはどうなるのでしょうかね。
オリンパス事件、経営陣がグルになって悪事を働いていた事件でしたね~。

あの時オリンパスが倒産しなかったのは、内視鏡でダントツのシェアを持っていたからです。

もし、ソニーがオリンパスの内視鏡技術を吸収して「用済み」になったのであれば、オリンパスそのものの存在意義が問われそうです。
椎名さんがコメントされているようにリターンは出ている。
ただやはりメディカルで柱ができていたら、今の利益が出ている状態がさらに強くなっていた。その意味で、本来期待されていたシナジーを作れなかったというのは残念ではある。
まぁでもリターンが出ているものはエグジットもしやすい。
売却は既定路線。ビジネスの遂行上、直接の出資が必要でなくなれば回収するのは当たり前でしょう。ソニーの吉田社長は今年に入って2回も大型自社株買いを断行するなど効率な資本配分をよく理解している方です

業績

オリンパス株式会社(英語: Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。 ウィキペディア
時価総額
2.33 兆円

業績