新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今の所、有志連合への参加を表明しているのは、バーレーン、オーストラリア、英国ぐらいだろう。英国は、ジョンソン政権になってから態度を一変させたが、解散総選挙もささやかれる中、先行きは不透明だ。
安倍政権は強固な日米同盟を維持することで、不安定な東アジア情勢に対処する方針を堅持している。では日本とイランの友好関係を維持しながら、有志連合への参加要請をどう処理するのか。折衷案など思い当たらない。自主外交といっても、現実に政策を選択するとなると、国力相応の選択肢しか残らないのが常だ。
アメリカが話し合いに向けて動くかどうかが次の大きなポイント。その意味でここに出ている話(日本へのアメリカへの仲介でなく有志連合に入る釘さし)が会談の中心なら、「大きな動きはなし」でしょうか。
私はイランに対しては長い付き合いがあるので、日本独自の外交を貫くべきです。敷いてはそれが世界の安定に貢献することになると思います。
安倍首相の慎重姿勢は良いと思う。