新着Pick

半年で売上2倍の急成長、それでもWeWorkが巨大赤字のワケ

Business Insider Japan
A. 不動産開拓・開発フェーズの物件が大半であるため。 グローバルにシェアオフィスを提供するWeWorkが上場することになりました。 今日の記事では、WeWorkの赤字がどこから来ているのかというのを詳しく見ていきたいと思います。かなり興味深いビジネスなので、2回に分けて解説したいと思います。 Th...
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この業態なら資金調達して新規出店しまくれば普通に「凄まじい成長」はする。当たり前。「いかに黒字化させ、既存のレンタルオフィス、コワーキングスペースに無い、Weworkだけの価値を提供するか」がキーで、新規出店を止めれば黒字化するけど、後者は未だに見えない。世界中で利用できる会員制ってのは新しいし世界中の会員集めてパーリーも新しいけど、そこまで付加価値ないと思うし、何より、ガラス張りのオフィスはブームで終わると思う。自分はWeworkには懐疑的。

‪しかしそんなことは出資者もみんな知ってることで、その上での巨額の資金調達。さてこれから何をするんでしょう。楽しみですねえ。‬