新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルール144Aでの北米含むオファリングで国内:海外トランシェは約3:7。
需要状況等を勘案した上での国内海外比率の着地に注目です。
これはリクルートの主要株主のリクルート株売却に対応するもので、売却する株主は三井物産、凸版印刷、エヌ・ティ・ティ・データ、大王製紙、CAC Holdings、TIS、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、大日本印刷株式会社、電通、博報堂DYホールディングス、野村総合研究所のようです。

合わせて、自社株買い3千万株も発表しています。

言ってみれば安定株主が減ることに当たると思います。したがって、本件は現在のリクルートの経営陣の事業に対する手応えが背景にあるはずだと推察しました。
足許の株価は下落傾向であるが、機関投資家にとっては良好なエントラインポイントだと思う。海外の投資家と日々会話している中で、彼らは貪欲に投資対象を探している中、リクルートは魅力的な銘柄のひとつであることは間違いない。恐らく着地の内外比率は75:25まで持っていくだろう(モルガン・スタンレーがトップレフトであることを鑑みると、80:20まで提案するが、野村がなんとか阻止し、落としどころとして5%シフト)
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
9.5 兆円

業績