新着Pick
413Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
単に経営が下手くそなだけな気がします。むしろリユース市場はメルカリなどの台頭のお陰で広く認知され使われやすくなってる印象。ゲオグループなんかは好調なんですよね。下手なところが潰れてるだけな気がし
リサイクル通信の推定によると、
2017年のリユース市場全体の市場規模は約2兆円(中古車は除く)であり、そのうちの46%がB2C(店舗)、17%がB2C(ネット)、35%がC2C(ネット)で取引されており、未だ店舗での取扱高が最も大きい。
一方で、対前年比ベースで見てみると、B2C(店舗)は0.8%減、B2C(ネット)は16%増、C2C(ネット)は36%増と、C2Cが市場を牽引しているが、B2C(ネット)も伸びています。

足元では、C2Cに市場が持っていかれたというよりは、オンライン化の波に乗り遅れたところは厳しくなっていると言えるかもしれません。
また、今後取引のオンライン化はますます進むと思いますし、カテゴリ特化で差別化してくるプレイヤーも増えてくるかもしれませんね。
いわゆる「スマホ倒産」の典型的な業種。倒産件数が高止まりしているアパレル販売、業界中堅クラスの淘汰が進む書籍販売なども同じ構図。

消費者の嗜好や流通構造の変化に対応できず、旧来型ビジネスにとどまっている企業の淘汰は、今後も相次ぎそう
アマゾンが出てきたから、リアルな書店の意味は見直されたし、メルカリが出てきたからリアルなリサイクルショップの意味は見直されていく。そして対比から融合へって感じですかね。
写真を撮って、文を書いて、入札したい人とコミュニケーションをとる面倒臭さのないのがリサイクルショップに売るメリット。ただ、なかなか高くは買ってもらえない。購入する場合はリサイクルショップよりもメルカリの方が選択肢が多く、探しやすい。同じものが何店か出品されていることも多く、自分の条件に合わせて買うことができる。両者ともにメリットもデメリットもあるが、時代の流れ的に店を構えている方が何かと不利になるのは間違いない。
店舗は店舗の良さがあると思うので、決してメルカリのせいでは無いと思うなぁ。その道のプロフェッショナルだったわけで、販売でも買取でもノウハウは蓄積されているはずだもん。
デジタルトランスフォーメーションによりインザストリーにおけるサービス、プレイヤーの変化は当たり前の時代。沙羅双樹の花の色は盛者必衰の理を表す、ですね。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。