新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内ラグジュアリー市場、2019年の春夏は

1、インバウンドの減速
2、国内富裕層の伸び
3、ルイヴィトン、シャネル、エルメスなどの大型ブランドが伸び、ブランドの二極化が進む

などがポイントのようです。
先日名古屋栄三越でVIP会員向けのイベントに参加したのですが、
富裕層の購買力の高さに圧倒されました。

今後、百貨店は外商イベントの開催などが大切なようです。
狙うべきは国内富裕層、というところでしょうか。

<抜粋>
「百貨店は15年に“爆買い”特需に沸いて、翌16年は中国の法改正で免税売り上げがガクンと下がり、やれ「百貨店という前近代的ビジネスモデルの終わり」などと叩かれました。今期も免税売り上げの伸びは減速していて、状況としては16年と似ている部分もあります。でも、特選などの高級品を強化し、国内富裕層を堅実に増やしていけばまだまだいけるって感じですかね。」
関連記事一覧
期待に応えたエディ 2シーズン目の「セリーヌ」がスマッシュヒット
WWD JAPAN.com
2Picks

編集長はパリコレで何した?Vol.5 「イッセイ」が新展開、「ヨウジヤマモト」で耀司さんの歌を聞く、「セリーヌ」でLISAを追え!
WWD JAPAN.com
2Picks

セリーヌがアジア初、日本版のECサイトをオープン!
GQ JAPAN
2Picks

2020年春夏パリコレ5日目のハイライト 「セリーヌ」のキュロットが進化、「ヨウジヤマモト」と「ロエベ」に見るそれぞれのエレガンス
WWD JAPAN.com
2Picks

エディの「セリーヌ」メンズ新作はフレンチだけど"圧倒的にロック"
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
1Pick

「セリーヌ」エディ・スリマンによる2シーズン目、"新しい女性像"が高評価
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
1Pick

「セリーヌ」が1月のパリ・メンズに不参加の意向 メンズはウィメンズショーで発表
WWD JAPAN.com
1Pick

新生「セリーヌ」表参道店がリニューアルオープン、メンズフロアに人が集中
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
1Pick

『今日の1番さん:セリーヌ編』エディ・スリマン手掛ける表参道店リニューアルオープン日
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
1Pick

編集長はパリコレで何をした?Vol.9 「シャネル」で始まり「ルイ・ヴィトン」で幕引きの最終日、鼻腔に残るのは「セリーヌ」の青春の香り
WWD JAPAN.com
1Pick