新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MaaS関連のプロジェクトは全てデータが基盤。グーグルの子会社のSidewalk lab がカナダのトロントでスマートシティのプロジェクトを実施しようとしているが、地元住民が猛反発という事態になっている。住民生活に関わるデータを民間企業に収集、分析させるべきかという議論だ。特に都市計画の分野におけるデータビジネスではTRUST(信頼)の担保が不可欠である。マイクロソフトも他の企業も、このイシューが最優先課題。
MaaSは各都市などで地方自治体含めて公共交通の事業者が分散していて、記事にあるようにシェアが低い(というか「ローカル」の範囲が狭く、そのローカルではシェアが高くても、全体としては分散している)。そのようななかで、MaaSの仕組みを提供することでAzureの利用料につなげる取り組み。
ただ、この特性ゆえに、MaaSプラットフォームの提供者も、各地域でブランド名含めてローカライズできる「ホワイトラベル」サービスを提供し始めている。SkedGO、あとはDaimler参加のmoovelは伊豆のizukoでも使われている。
底辺の土管(Azure)を使ってもらえれば良いというのは、至極真っ当且つ事業者の囲い込みに活用できればラッキー、、というか何かしら形で肝心な上位レイヤー層に踏み込まないと、そうはうまくいかないでしょうからMSの秘策(奇策でも良い)に期待。
顧客を開拓するために、サービスを提供するとのこと。それで皆が便利になるなら、ウインーウインの関係ですね。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
174 兆円

業績