新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
二つの点で注目。
一つはこのタイミングで中国企業と組むという点。米中貿易摩擦という点で、米国でのリスクは上がるが、中国でのリスクは下がる。鏡の関係。
もう一つは、実際の自動運転という点で、同じ車でも運転に伴う「慣習」は異なる。実際に安全に運転するために、その慣習を考慮しなくちゃいけないと思うし、そのためには結構地域単位でのモデルのカスタマイゼーションやパートナー先を変えるレベルでの違いがあるのではないかと思うが、実際のところどうなのだろう?
中国企業との提携は、米中冷戦リスクもあるので、慎重にした方が良いと思いますよ。
「米中は冷戦に突入しつつある」という認識が重要です。米中貿易戦争(実際には米中冷戦)は、今後も続きます。
米国は、中国と覇権を争うためなら、肉を切らせて骨を断つ覚悟です。「トランプ大統領が」ではなく、「議会の超党派が」です。
「米国と取引したかったら、中国と取引するな」という事になっていくとすれば、中国も報復措置に出ざるを得ないでしょう。
投資家のみならず、日本企業も中国との関係を慎重に考えておいた方が良いと思います
トヨタのおもしろいところは内製のTRI-ADもありつつ、外部のサービスを活用していく方針であるところが強いですね!おそらくソフトバンクとの提携から、方針が内製からオープンに変わったと思います。
トヨタ、いろんなところと組んでますね
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.1 兆円

業績