新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔夏休みによく祖母の家で鉄腕アトムを見て、ワクワクしたのを覚えています。当時は、いつか感情を持つロボットが登場するのは当然だと思っていましたが、ベンチャー先生に話を伺い、現実を理解しました。

ロボットというとどうしても人型をイメージしてしまいますが、社会で実装されているものの多くは、工場などで活躍する産業用です。そもそも人型を使う場面のイメージが湧かず、これだけ対人コミュニケーションツールが増えている中では、家庭用ロボットは、必要ないのかもしれません。

ベンチャー先生が提案するソフトロボティクスも、医療などのより複雑な動きが求められる分野で活躍しそうです。
日本のロボティクスは現在停滞気味とのこと。英語で論文を発表できない人が多いからだそうです。

ロボットに英語で論文を書かせ、英語でプレゼンテーションさせれば、日本も世界から再注目されるかもしれませんね。

でも、本質はそこではなく、人型ロボットを作ることでもなく、何を目的にしたロボットを作るかということ。それによって素材や動きや機能が決まります。
ソフトロボティクス、日本は遅れている説です。私も今参入している分野だけに、耳が痛いなぁ。でも実際、機械系の研究者は、なかなか英語論文を書かないですからね。私も10年前に化学系から機械系に移って最初はあまりの文化の違いに驚きました。今はKYで勝手に英語論文を出してますけど。

↓最近出した「ゲル尺取り虫ロボット」の論文です。ご笑覧ください。
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmech.2019.00044/full
『なぜ、ロボットが感情的に振る舞う必要があるのか。それは感情的な動物である人間を「動かす」ためです。』という言葉が端的で分かりやすい。
人間社会は、人間を前提に作られている。それは色々なサイズや持ち運びやすさなどもそうだし、人間の脳も人間同士のコミュニケーションに適して成長していると思う。人間が機械を利用するようになって、機械利用に適した脳にはなっていても、でも人間同士のやり取りもある。そのなかで、ロボットが人間に活用されるためには、ロボット側がそれに適した進化をしていくというのは合理的。
感情もそうだし、柔らかさもそう。また、人間を前提とした環境で動くにはやはり人型が適していて、長期的にはアクチュエーターなどの発達と併せて、再度人型ロボットが注目されるタイミングは来ると思っている。
一方で、そのなかで人間の脳が一種騙されて深入りしすぎるリスクもあろう。それがいいことなのか悪いことなのかは、時代とともに価値観が変わる領域ではないかと個人的には思う。
子育ての影響でアンパンマンを見る機会が増えたのですが、バイキンマンが乗ってるロボはかなりクオリティ高いと感じます。

人型は一旦置いといて、人間の手をロボで完全再現できるだけで、悪いことも含めてかなりのことが出来るようになります。アンパンマンの正しい見方なのかわかりませんが、ロボティクスの近未来と感じた次第です。
善も悪も人が想像する事は起こせる。ないしは近い事は再現できる可能性を常に秘めてる。