新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプ米大統領が毎日のように発言を変えているため、世界情勢が不安定というか、予測がつかない状態になっています。中国との通商交渉はもちろん、イランとのJCPOA案件などを含めG7のトップとも意見衝突が起きていますが、外交関係をビジネスのやり方で動かそうとすることが少し心配です。
気分で発言し、時にはインテリヤクザというよりただのヤクザか?と見紛うくらい相手を恫喝したり罵ったりで自国”だけ”第一主義を貫く下品きわまりないトランプ。

こんなとんでもないヤツを大統領に選んでしまう米国民ってどうよ?という苦言のひとつでも吐きたくなるわけです。

でも、トランプを勝利に導いたとされるアメリカのラストベルトの白人中間層って別にクレイジーな人たちでもなんでもなくて、むしろ、マジメに働いたら普通の生活ができて、月末にちょっとずつ貯金ができて、年に1度くらいは休暇が取れて、子どもは大学に通わせてあげたい、と考えているノーマルな人たちなんですよね。

こうした典型的なミドルクラスとされる白人中間層がミドルクラスから落っこちて貧困層に足を突っ込みかけていて、あまりに将来が悲観的すぎるから、エスタブリッシュメントな政治家に見切りをつけて正直なトランプにすがっているわけです。

「石炭産業を復活させる」とか「製造業を取り戻す」とか、トランプの言っていることを冷静に聞いていると、どれもこれも根拠もなければ具体策もないので聞いていて苦痛なんだけど、それでもトランプにすがってしまうくらい疲弊している白人中間層がいるという事実。

これは他人事でないどころか、日本でも起こっていますものね。生命力の強いエリート層には「知ったことか!」という話かもしれません。産業構造が変化したんだからしようがない、世の中に必要なスキルを再学習すべきだ、という議論では到底追いつかない根の深い問題のような気がしています。
トランプ大統領の政治家としてだけではなく、ビジネスマンとしての資質にも疑問を持ってしまうのは、こういう言動です。
国と国との交渉に関して、交渉再開を希望していたなどと軽々しく国のトップが言いふらすのはいかがなものでしょうか?

トランプ大統領、企業のトップの経験は豊かなのに、なぜこんなに口が軽いんだろう?
企業のトップの時代に、競争相手の企業に水面下で話し合いをしたいと言ったとして、それを相手の企業のトップがツイッターで軽く言い触らしたら、自分だっていい気分しないだろうに‥‥

こういうところ、本当に嫌悪感を感じます。
スマホ・パソコン・消費財は当面中国から買わざるを得ないため、追加関税のマイナス影響は米国サイドに集中します。交渉再開を心から望んでいるのは米国の方だと思います。
米中のガチンコ勝負が続いている。トランプさんはG7で各国から「自由貿易の妨害者」のような立場に立たされたので、バツが悪くなって中国との通商交渉再開を表明した。ただ、米国が得意とする分野は、Amazon、フェイスブック、グーグルなど情報をまとめたり、分析したり、伝達したり、商品を集約して配達する分野。中国はモノを作っている。モノを作るほうが優位になることはトランプさんも理解しているので硬軟両用の姿勢を中国に対してとらざるを得ない。
トランプ大統領の言う事はコロコロ変わりますが、一喜一憂しないことが重要です。
「米中は冷戦に突入しつつある」という認識が重要です。米中貿易戦争(実際には米中冷戦)は、今後も続きます。
米国は、中国と覇権を争うためなら、肉を切らせて骨を断つ覚悟です。「トランプ大統領が」ではなく、議会の超党派が、です。
短期的に一喜一憂するのではなく、長い目で米中関係が冷えていく事を前提に物事を考える必要があると思います。
対話すると言われれば株価が上がり、やはり進展しなかったと言われれば下がる、といった事が今後も繰り返されて行くのでしょうが、大きな流れは変わりませんから。
この発言を受けて、ダウ先物は約240ドル、、日経平均先物も250円ほど上がっている。
3歩進んで2歩下がるを繰り返して、結局関税の範囲・率はどんどん上がっているのだが…
今の中国ではトランプさんのお話をまじめに聞く人は、上層部だけかも。
普通市民は、あのおじいちゃんはいつ起こりだして、テーブルをひっくり返すか分からないと思うし、
知米専門家もすっかり信用を失い、トランプ以上にウソばかり、はずればかり、面目はない。
今までは数か月後にトランプさんは交渉内容をひっくり返したが、つい一か月以内になり、これからは一週間後になるのではないか。
米中の通商交渉が簡単にまとまるなら、こんなに長期化し、エスカレートしていない。トランプ大統領の言葉に市場は振れてしまうが、全体として状況はどんどん悪くなっていることは間違いない。
今回は、米中貿易摩擦に対する穏健発言を出すのが速かったですね。

おかげで少しは株価が上昇していますけど・・・。

毎度毎度、過激な発言で株価が下落し、穏健な発言で株価が戻るを繰り返していますが、そのうち市場関係者も疲れてくるのではないでしょうか?

いい加減にして欲しいですね~。
これ以上、過激発言はしないでいただきたいです。