[ブラジリア/ポルトベリョ 25日 ロイター] - ブラジルのアマゾン地域の大規模な森林火災で、ブラジル軍の戦闘機がロンドニア州の上空から散水に着手した。森林火災にブラジル政府が何の対処もしていないとの批判が世論や世界の指導者たちから高まっていた。

ブラジル大統領府スポークスマンによると、ボルソナロ大統領はアマゾンの地元政府からの支援要請に応じ、軍に対し25日時点で計7州への消火任務を命令。国防省が24日夜公表したビデオ映像では、軍機が煙の雲を抜けながら森林に散水していた。

ブラジル国立宇宙研究所によると、ブラジルでは24日までに8万件近い森林火災が確認されており、少なくとも2013年以降で最多となっている。

ボルソナロ氏はツイッターに、イスラエルのネタニヤフ首相との電話会談の後、航空機1機を含む消火支援の申し出があり、受け入れたと投稿した。

ただ、ブラジル政府はロンドニア州以外の消火活動の詳細はまったく明らかにしていない。国防省は24日の会見で、4万4000人の部隊をアマゾン地域に派遣することができると表明したが、どれぐらいの人数がどこで何をするかについては明らかにしなかった。

アマゾンは世界最大の熱帯雨林で、大量の二酸化炭素を吸収するため地球温暖化阻止に重要と見なされている。地球の酸素の20%を作りだしてもいる。

森林火災の拡大に国際的な批判が高まっており、フランスで開かれている先進7カ国首脳会議(G7サミット)でも各国首脳から深刻な懸念の声が相次いだ。

ブラジルの研究者からは、アマゾンの熱帯雨林は生態系の20ー25%が破壊されると自己復元力を失うとの指摘が出ている。