新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近、アメリカのメディアでは、2020年の大統領選を視野に入れた報道が目立つようになりました。トラン大統領が先週金曜日(8月23日)に発表した、中国への追加関税も、その文脈で報道されています。

ウォールストリート・ジャーナルは、”Trump gambles that China trade war will pay off in 2020”(2020年に向けて中国との貿易戦争に賭けるトランプ)と報じています。ビデオ解説(無料。会員登録も不要)がついているので、そのポイントを要約すると...

(1)トランプ大統領は前回(2016年)の大統領選から一貫して、「自由貿易は機能していない」と批判してきた。中国に対する強硬策は、民主党の一部からも支持を集めている

(2)しかし、WSJとNBCの世論調査では、「自由貿易はアメリカの利益に適う」という回答が2015年12月の51%から2019年8月の64%に上昇しており、自由貿易を攻撃すれば票が集まった前回の大統領選とは、世論は異なる様相。

(3)このため、2020年の大統領選に向けて、貿易戦争はリスクの高いカードとなってきている。トランプ政権には慎重な舵取りが求められる。

個人的には、限られたスペースを使って、想定される統計誤差(margin of error)を開示しているのは、良心的だと思いました。世論調査のような統計は、このような開示がないと、どのように評価するべきか全くわかりません。