新着Pick
328Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついつい専門や商品に熱中して、「営業」をおろそかにしてしまうのは、あらゆる業界にはびこる悪いクセ。愛のある直言こそ、今のパラスポーツにいちばん必要なものかもしれません。

武井さんは明日22時の「The Update」にも出演してもらい、『#東京パラリンピック は熱狂を生むのか? 』をテーマに語っていただきます!https://newspicks.com/academia/events/353
営業と職人を兼務する方法もあるし、営業の部分を完全に任せてしまう場合もあります。僕の場合は営業と職人部分を全て一人でやっていますが、職人以外部分は外注する方法もあるし、個々のやり方をもって行けばいいと思います。

まずは自分のキャリアを考えることが第一歩ではないでしょうか。
わあ、見逃してた。超良いこと書いてあるな。

「ひとりのスター選手が出てきたほうが、大きな力が集まり、結果的にその力が周囲にも分配され、みんながハッピーになれると思っています。」

本当にそう。そして、善人ではあるけれど、伝え魅了する努力・営業の努力が足りないのが大多数のパラアスリート・アマチュアスポーツ関係者であることも、核心を突いている。
本題から外れますが、一言。
オリンピックの後にパラリンピックが行われますが、あまり注目されませんね。順番を逆にすれば、パラリンピックの注目度が上がると思うのですが。
まさに/会社員の方に置き換えてみて欲しいんです。自社の商品のクオリティを上げるのは当たり前じゃないですか。その上でその商品を一つでも多く販売するために、営業をかけなきゃいけない。でもアマチュアアスリートの多くはクオリティの高い商品を作ること……トレーニングをして、高いパフォーマンスを発揮するという当たり前のことはやるだけで、営業努力が足りていない。
武井さん自身の経験に基づいた、アスリートのセルフプロデュースに対するマインドチェンジが必要というコメントは興味深いです。
一方で、スターが登場した場合にそれを組織的に支える仕組みを合わせて準備しておくことも重要だと思います。
武井壮さんはデビュー当初より個人事務所で活動している芸能界の中でも異端の存在。だからこそ、自己ブランディングに誰よりもこだわり続けて、その言葉には綺麗事ではない重みがあります。
素敵。今年no1読んでよかったインタビュー。
例外や美談に逃げない。
シンプルな原則に従って努力する者だけが輝く。
これは認知されてないけど面白い人全ての人に当てはまると思う。
業界や人によってそれぞれチャンスなタイミングが合って、その時に適正なアクションが起きるかどうかで結果は変わる。
戦略的「営業」は必須。