新着Pick
833Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
<追記>
・JDIが当初順調・・・ウソ!、厚化粧
・ディスプレイの部品売りはダメ

メモリーでは、非キャプティブでも、成功例が多く(むしろ、中心)、水平分業が進んだが、ディスプレイでは、TVでは、水平分業と垂直統合が混在しており、EMSも多くない。スマホでは、全体で、水平分業が進んでいるが、階層間での、収益格差が大きい。画像センサーでは、トップのソニーやサムスンはキャプティブで工場も自前が中心、オムニビジョンは、水平分業で、ファウンドリモデルである。
ディスプレイでは、BOEなど中国勢のも、水平分業で成功(実態は、中国全体で見れば、中国TVメーカー向けに疑似垂直)、TVでは韓国は垂直統合、スマホ向けには、日本や台湾は苦戦である。スマホ業界全体では、EMSやファブレス・ファウンドリモデルが進んだが、ディスプレイは本質的に、キャプティブが重要なのだろう。


<もと>
88年頃から、ウォッチし、89年に液晶が95年1兆円、2000年2兆円を予想して的中させ、97年頃「フラットパネルディスプレイ最前線」著書の私としては、不満な記事。特に、。2005年以前が不満。

そもそも、液晶といっても、パッシブとアクティブがあり、パッシブには、ASTNが主流で、アクティブは、TFTがあり、エプソンがやっていたMIMがあり、その中で、シャープはシェア3位だが、TFTに傾注して成功した。
鷲塚さんの功績、また、離陸成功には、パチンコ産業があった。
このあたりの90年代前半の話が全くない。

また、95年以降では、日本がやられたのは、モニタであり、ここでサムスンが台頭。
パネルとTVは、分けて考えるべきだが、ゴッチャになっている。

設備投資でいえば、シャープ堺が、10Gでなく、6Gであれば、違っていただろう。

NECから天馬への技術移転の話も大きかった。

さらに、液晶産業といった場合、材料は、まだ日本が強いことの分析がなされていない。
今や、孫正義さんの恩人としての方が有名になった?佐々木さんの名前をここで見るとは思いませんでした。

敗戦の跡を語るのは簡単ですが、その始まりには、産業を立ち上げる、技術者たちの熱く、果敢な挑戦があったことを忘れてはなりません。特に、一つの技術が産業化するまで、ここまでの苦労があるのに、敗れていくときのあっけなさといえば、諸行無常としか言いようがありません。。。

過程と結果は正にその通りでしょう。

しかし忘れてはならないのは、敗者のある所、必ず勝者があり、誤った決断をし、為すべき時に為すべきことをせず敗北を招いた経営者がいる一方で、果敢に決断を下し行動をし、勝利の栄冠を手にした経営者もいたはずだということです。

いつ、誰が、どの様な理由で、運命を分ける決断をしたのか?

日本の全般に言える事ですが、国なり会社なりの総体としての失敗分析には熱心なものの、敗北を招いた決断を下したリーダーの行動自体はさして問題とせず、又その責任も問わないという傾向があります。
極端な話、毎回、勝てば全員の勝利、負ければ一億総懺悔なのです。

勝った時はみんなの力で勝てたのだ、というのは、それはそれで統治手段として優れたメソッドだとは思いますが、負けた時にその責任者を問わなければ、何度でも同じ人間が、同じ過ちを犯しかねません。

これは必ずしも指導者を糾弾して溜飲を下げよということではありません。

人は誰でも失敗するものです。
それゆえに、現象面だけでなく、もっと人にフォーカスを当てることで、次の人が同じ失敗を繰り返さなくて済むという、歴史の知恵なのです。

是非今後そういう面でも分析があるといいですね。
悲しいかな、シャープの事例はビジネススクールなどで紹介される、「商品のコモディティ化」という事例の最高のケースになってしまいました。「亀山モデル」は液晶パネルの年率30%というものすごい価格下落に見舞われ、機能、品質、ブランド力などで競合する他社のテレビとの差別化が困難となり、消費者に価格だけで選択されるようになってしまいました。

当時、亀山モデルという甘い蜜に誘われて亀山地区に素材工場を作った某メーカーを担当していたので、それこそ毎四半期ごとに工場の減損処理の要否を検討していたことが思い出されます。
概ね記事に書かれている通りだが、「①投資競争に敗れる」の部分はもう少し要因があると思っている。端的には、内製モデル・自社ブランドへのこだわりと、円高。

2005年前後は、キヤノンもSEDという方式でテレビに進出すると息巻いていた時代。家庭のど真ん中にあるテレビのポジションを取りたいという電機メーカーの価値観が強い時代で、ソニーなら平面ブラウン管(記事にあるようにその成功が液晶シフトを遅らせた)、シャープならAQUOSの成功があった。そしてテレビのコア部品である液晶・プラズマパネルを自社で手掛けて、そこの技術力を差別化要因として勝負してナンボという「雰囲気」「陶酔」があったと思う。
でもパネルは稼働率が勝負の固定費型ビジネス。だから外販含めて売り先を確保することが重要だったのだが、でも前述の一貫して手掛けてナンボという電機メーカーのこだわりが外販を妨げた。
一方で、消費者はどこのパネルかを気にしないし、液晶の色々な方式の差はあれど、マーケティングとブランドで選ぶところが強かった。シャープは国内メーカーとしては3番手だったし、グローバルではもっと弱い。最終製品を売る力が弱かったなかで、特に堺G10という一番重い固定費部分の稼働率が上がらなかった。
そこにさらに金融危機後の円高が重なり、グローバル競争で不利な状態で堺がスタートせざるを得なかったのがシャープの敗因。

そしてJDIや、パナ・日立の液晶合弁などの他の液晶プレイヤーの話もあるが、いずれも再編が後手後手になったし、再編後も組織の問題があった(半導体の時代から続いている組織の主導権争い問題…涙)。
その遅れには、前述の価値観・雰囲気問題は明確にあったと、この業界を15年近く見てきて思う。

一方で、Furuyamaさんがコメントされているように、素材メーカーは強い。それは日本で液晶産業が育成されていった波をつかめて、各素材ごとに技術が違うためにトップシェアのメーカーが数社の寡占状態のなかで、世界生産が増える機会を取れたから。
未来への示唆としては、今後勃興してくる領域を日本が主導できないと、素材や装置メーカーが育たない可能性もあるということ。既にグローバル体制を持っていて、次世代製品の研究開発に取り組めている部分もあるので、昔ほどローカリティ・言語のメリット・デメリットは薄くなっているとは思うが…
つくづく思うんだけど、僕の両親の世代(←戦後すぐ生まれ)が、日本で一番幸せな世代だったんだろうなあ、と。

戦争の惨禍を経験することなく、高度成長期に青春、絶頂期に働き盛り、老後もまだ日本は安泰。数千年後に振り返った時、日本は一瞬の閃きだけ残して歴史に再び埋もれていくのか、あるいはまた輝く時期が来るのか。

余談ですが、近年の世論の右傾化は、日本の衰退が主因でしょう。個人も民族も、何か誇れるものがないと自我を保てない。かつて、日本人には誇れるものがたくさんあった。電化製品、半導体、自動車・・・。それらを全て失ってしまった後で、もはや誇れるものが「日本人であること」しかなくなってしまった。個人でも、自信のない人や余裕のない人ほど、他人に辛く当たりますよね。

ですから、NPのコメント欄などで極端なナショナリズムや他民族への汚い言葉を見ると、逆説的に、ああ、日本はここまで衰えたのだなあという実感が湧いてきます。

地球人の歴史を大きな目で見ると、かつて栄えたものが衰えるのは必定です。人類史5000年を通して表舞台にいるのは、中国とインドくらいなもんです。それすら永遠ではないでしょう。人がやがて老いて死ぬのと同じです。日本の凋落は、単にそういうことなのかもしれません。

ならば、せめて散り際を美しくあろう、という考えもあるのかもしれません。桜のように。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ。
今日はスライドで液晶の栄光と衰退を3分速習できる内容になっています。

よく考えると生まれてから液晶に触れなかったことはないくらい、液晶と共に生きてきすぎて、

その誕生と発展を意識してこなかったのですが、そういえばAQUOSは発売当初に父が高値で買って母に怒られてたことを思い出しました。

その数年後に安価な液晶テレビが出てきて、さらに数年後には、テレビすら見なくなって、液晶に触れるデバイスがひとつ、消えたのがなんだかこの敗戦史と同じことだなぁ、としんみり感じました。
生産拠点を海外に移したことが、今日の凋落につながった。と、いうことがよくわかりました。

一時的に労働力の安いところに生産拠点を置くという戦略は、ひょっとすると時代遅れになってきているのかもしれませんね。

新興国のコストがどんどん上がってきています。カントリーリスクもかつてないほど高くなっています。過疎化が激しい日本復興のためにも、回帰が必要かもしれません。
日本勢の衰退の原因は、一言でいうと「将来を読み違えた」ということなんだと思いますが、日本勢と韓国・台湾勢の勝敗を分けた決定的な要因(読み違えがなぜ起きたか)は何でしょうね。そこにも興味があります。

JDIは滑り出しが順調だったとありますが、収益性を見ると「なかなか儲からない」ことが明らかになっていますね。

2013年度の営業利益率が最高で5.0%、売上高がピークの2015年度にいたっては2.5%。

闇雲に「売上(案件)を取ってくりゃいい」という方針になると、アップル依存率が60%、代替可能な商材を提供する下請けだから全然儲からない、と苦しくなってしまいます。
「20世紀に、置いてゆくもの。21世紀に、持ってゆくもの。」
シャープも置いていかれた...

1969年,シャープがRCAの液晶の秘密を知るきっかけとなったのが,RCAを取材したNHKのテレビ番組だったという話は有名.多くの日本の技術者が液晶を知った.

佐々木正 氏は「ロケットササキ」
https://newspicks.com/news/2796192?ref=user_2112738
とも呼ばれていますが,成長期のシャープしか知らない指導者だったわけで,私としては評価が分からない人物.