新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中途半端に自動運転が一番眠くなるからなあ。私は公道での運転やめて長いけど(ロケ以外)、中途半端な自動運転だと絶対に居眠りする自信ある。だからやりたくない
居眠りアメリカで多いようで問題になっています。テスラの自動運転レベルは2なので実は相当危険な行為。眠ってしまっても問題ないのは事実上自動運転レベル3-4以上。

以前、アウディA8が自動運転レベル3を搭載し話題になりましたが、法制度や型式認証制度の整備により普及に至っていません。

居眠り運転が日常化する未来が、待ち遠しい。
自分もカリフォルニアで両手離しで運転しているドライバーを見ました(居眠りはしていませんでしたが笑)。
現地の大使館の人に聞くと、フラフラ運転している車を飲酒運転かドラッグだと思った警官が自宅まで尾行したら、実は自動運転だったという逸話(あくまで逸話です)もあるそうです。

道路のシンプルさはあれど、車がハードウェアというよりソフトウェアだという世界は思ったより近くにあるのかもしれません…。
この運転してる人の、車への信頼度がすごいなあ。
日本だと「ホントか?」「フェイクでは?」という議論になるのではないでしょうか?

TeslaのAuto Pilotは、この映像のようなフリーウェイ上では、かなりの完成度になってきました。

日本で言うと、4~5車線ある高速道路を想定してください。

この映像でもわかるように、クルマの密度も低いので、単にレーン・キーピング・アシスト(車線維持)とアダプティブ・クルーズ・コントロール(車間調整速度制御)と、周辺監視があれば、自動運転が実現できます。

Teslaは、その技術を「注意書き付き」で提供していますが、ユーザー側のリテラシーが低いと、いくらTeslaが注意しても、こういった事例となります。

つまり、重要なのは「技術の提供と同時に、社会的な受容性やユーザーのリテラシーの教育を実施すること」です。

ちなみに、Teslaは、手放し運転ができないように、ステアリングに手を添えていないと、自動運転モードが解除される仕様にしていますが、この事例のように、「手放しでも自動運転モードにできる方法」をユーザーが勝手に考案し、それを共有しているため、このようなことが起きるのです。

もっと深く考えると、「居眠り運転」と、「居眠りしながらの自動運転」では、どちらが良いのか?という議論もあるかもしれません。

この話は、乗用車の一般ドライバーより、長距離のトラックドライバーの方がシビアかもしれません。

※個人的な意見であり、所属する企業、組織とは全く関係ありません
今の機能でも一定速度・車間距離で走ってくれるので眠くなるシーンは増えるようにも感じます。個人的には現状では運転手の表情などで判別しないと危ないとも思います。一気にレベル4まで行けば良いのですが。
フェイクニュースでは?

いくら高速道路で、先行車がいなかったとしても、時速100kmで走る車に並走して、運転者が寝ているかどうかが分かるくらい鮮明に写真を撮ることは簡単ではないのでは。

釣られるところだった。

いずれにしても、現行法下では、運転者は現行犯で逮捕だろう?
テスラの技術を信頼しているからこそ熟睡出来たのでしょう。
「もしかすると、自分で運転するより安心だ」と思っていたのかも。
そうだとしたら、ドライバーに免許を返上させなければ(笑)。
テスラとかアシストの前に、アメリカの高速は昔から居眠り運転多いような気が…
自動運転から、手動運転に切り替わるタイミングが一番事故が多そうですね。
時価総額
4.73 兆円

業績