新着Pick

セブン村田社長、「オムニ挑戦は宿命だ」

東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AmazonはEC、セブンはコンビニという業態をそれぞれもち、そこのパワーが強いゆえにインフラまでになってる。インフラゆえに、当初想定していないような商品の広がり方含めた成長してる。あとは企業文化としても、どちらもデータ重視。かなり二社は被る。
それを背景にオムニを考えると、あるべきから考えて逆算したのではない、と最近思ってる。ネットとリアルの融合、Amazonなどとの戦いで、インフラを抑えた方が勝ちやすい。ネット・リアル、両方のインフラで必要となりうるピースを全て持って、「できないことがない状態」になってれば、インフラ抑えてるという観点で最後勝てるという感じではないだろうか?

<追記>だから、「オムニ戦略」ではなく「オムニ挑戦」と記事タイトルにあるのかも。やりたいこと明確なら逆算して戦略作る。そうでないから挑戦、かもしれない。<追記終>
オムニチャネル、O2Oを神格化して、これさえやればうまくいく!と思ったらうまくいかないことが多いので注意。
オムニチャネルへチャレンジ出来ない企業は薄利モデルになるか、潰れるかしかないですよね。
参入障壁が高いリアルインフラを押さえていることがオムニ成功の鍵。但しオムニはユーザの利便性を向上させるひとつの施策であって、打ち出の小槌ではない。
オムニチャンネルでやろうとしてる事が流通各社で似たようなものなのが気になるところ。この面でおさえるようなやり方ってちょっとなぁと思う。商材ごとのシナリオ設計が相当大事だと思う。
↓なかなかすごい面子です。

「チームオムニチャネル戦略のメンバー企業には、オラクル、ヤフー、グーグル、NTTデータ、NEC、三井物産、ネットイヤー、チームラボ、電通など強力な顔ぶれがそろう。」
西武百貨店(せいぶひゃっかてん)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社そごう・西武が運営する百貨店の旧称である。現在は西武(せいぶ)。また、株式会社 西武百貨店は、2009年7月31日までこれを運営していた企業である(法人としては解散)。 ウィキペディア

業績

株式会社赤ちゃん本舗(あかちゃんほんぽ)は、大阪市中央区に本社を置く乳幼児向けマタニティ・チャイルド・ベビー用品のチェーン店を運営する企業。屋号としての表記は「アカチャンホンポ」である。 ウィキペディア

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.06 兆円

業績

株式会社ニッセンホールディングス(英語: Nissen Holdings Co., Ltd.)は、京都市南区に本社を置く通信販売大手のニッセンを中核とした持株会社。セブン&アイ・ホールディングス傘下。 ウィキペディア

業績