新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NANDは反発、DRAMは下げ止まり。
一方で根本的な需給より、日本のホワイトリスト規制対象から外れるといったイベントによる需給懸念が価格反発要因としてあったと自分は思っている。
一定の在庫調整も進んでいるとは思うが、半導体需給が本格的に底入れするときは、供給要因では一定の淘汰が必要だし、需要サイドなら伸びるアプリケーションが必要。
どちらもまだ表れていないという点で、本当に底入れレベルかというとそうでもないのではと個人的には思う。