新着Pick
556Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
偶然が生んだ、偶然な結果に対して、夢中になれるほどのめり込める。iPS細胞を発見したノーベル賞学者である山中伸弥教授による、直近の講演スピーチを、特別に記事として配信させて頂きました。iPS細胞は、どうやって生まれたのかを易しく、面白く語ってくれています。@国際科学オリンピック日本開催シンポジウム

C型肝炎で亡くなった父親の話、亡くなった翌年にウイルスが発見され、その25年後に特効薬が生まれた話。そして動脈硬化の研究から、ガン研究、遺伝子研究、ES細胞の研究と、好奇心で切り拓いてきた道のりをユーモアいっぱいに紹介してくれました。

ちなみに2020年以降、4年連続で、日本を舞台にして国際科学オリンピックが開かれます。2020年は国際生物五輪(長崎)、2021年は国際化学五輪(大阪)、2022年は国際物理五輪、2023年は国際情報五輪です。サイエンスの分野が、ますますビジネスと近づいているなかで、この舞台に集まる若き才能にも注目していきたいと思います。ご一読ください。
山中先生が幼少期から自身の父親の病気に接しつつ医者となり、渡米で修業後にiPS細胞を生み出すまで。分かりやすく書かれています。

英米人研究者が発見したES細胞に続き、iPS細胞を発見した山中先生。その「偶然」に出合うためには、継続することなんだと再認識した次第です。継続したからこそ、必然に変わった。
人生とは『運』と『縁』と『タイミング』。だからこそ目の前のチャンスに貪欲に挑戦して行くこと。それが『運』と『縁』と『タイミング』を引き寄せていくのだから。

『しかしiPS細胞をどのように作ったかというと、確かに、最初はなんとか患者さんを治したい、父親のような患者さんを治したいという必要に駆られて、私は研究者になりました。』
『しかし私がiPS細胞にたどり着けたのは、最初にお話ししたような「予想外」の結果に偶然出合ったからです。自分でも、そんなことに出合うと思っていなかったことに、偶然に出合った。
それがiPS細胞につながりました。』
ワタシは工学者、とくに設計工学者なので、仮説・検証型ではなく、問題提起・解決型の研究を行うことが多いのですが、時として仮説検証型の思考に学ぶことも多く、興味深く読ませて頂きました

「ここで何をしていたかと言いますと、研究をしていました。研究というのは「おそらくこうだろう」という仮説を立てて、それを実験で検証する、ということの繰り返しなのです。」
孫正義育英財団の副理事長でもあり、尊敬する山中先生のインタビュー。
いつものように面白く、誰でもできるかのように語られてますが、その裏には並外れた研究への好奇心と執念があるからこそ、偶然の機会を手にされたのだと思います。
ノーベル賞の受賞研究と比べることは大変おこがましいですが、研究をしていると当初の予想とは全く異なる結果が得られることがあります。その多くは間違っているのですが、中には全てのチェックをくぐり抜けてどうやらこれは確からしいという発見がある。その場合、なぜそれが起きたのかを原因究明するとなるほどそうだったのかとなるのですが、最初からはなかなか気づけない。科学研究の醍醐味でもあると思います。

>引用
「しかし私がiPS細胞にたどり着けたのは、最初にお話ししたような「予想外」の結果に偶然出合ったからです。自分でも、そんなことに出合うと思っていなかったことに、偶然に出合った。それがiPS細胞につながりました。ですから「必要は発明の母」と言うのであれば、「偶然は発明の父」です。この両方がそろって初めて、新しい発明ができます。特にこの偶然を、発明につなげることがすごく大切だと思っています。」
山中教授の発見に関する経緯を生の講義で聞いたことがあります。

この発明は決して偶然でなく、鋭い洞察力と気の遠くなる「努力」から来ています。遺伝子の組み合わせは、京以上ある中から選ぶわけです。
決して「努力」といわないところが、本物なんですね。

山名先生のモットーは、”Vision & Hard work”。
私も頑張ろうという気にりますね。
山中教授のお父さんは、私の高校の第1期生なんで、嬉しいですね。
偶然には必然があり、必然には偶然がある。偶然をたぐり寄せる力があるかないかは執念ですね。
iPS細胞に実はアップルからの「i」が入っていたとは。
その通りだ。