新着Pick
432Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そんなあなたにテリヤキアプリ
http://teriyaki.me
会食はそういう方、いますね。過去にいらっしゃいました。ただ、手土産は秘書任せという人がほとんどでは。私自身の国会議員秘書、民間企業での秘書経験より、そう感じます。手土産を選ぶのも、相手についてリサーチしたり、かなり考えてました。笑
こう考える人は、そうすれば良いし、そうだと思わない人は、そうしなければ良いだけの話ではないでしょうか?

米国で働くようになって、こういった「◯◯であるべし」的な記事が、日本にはあまりに多いことに気づくようになりました。

個々の価値観や、状況など、いろいろな要素があり、多様な世界なので、「◯◯であるべし」ということは、個々に違うと思います。
小島さん登場には驚いた!
一瞬、写真を見てあのオリックス小島さんと分からなかった。

何を食べているかを見れば、その人間がわかる。
会食とはそういうもの。

私の場合は、仕事しながら会食する人と、会議だけする人と、
無意識のうちに相手を分けているように思う。
その意味はここでは書きません。
名店、老舗にしておけば間違いないというのは、芸がないし相手に喜ばれませんね。相手は「またここか!」と腹の中で思っている可能性が高いと知るべきですね。

高級店の毎日ははっきり言って飽きます。自分がそうなんだから相手もそう。たまにはこんな店どうですか?とB級に誘うなど、TPOをわきまえたセンスが必要ですね。

要は、「押し出し」で勝負するなんてレベルが低いということです。楽しめる料理安心して会話に集中できる環境さえあれば、あとは会話の中身の問題です。

だいたい、接待費を湯水のように使う時代はもう終わったと思う。新しい経営者はバブルの時代のそういった風潮を冷ややかに思っているのでは?
値段よりストーリー。弊社も求職者とご飯に行く機会が多いので、お店のリストをつくって、和洋中や個室有無、シチュエーションで使えるようにチームメンバーが整えてくれてます。ちなみに行ったことないお店は自分たちでトライすることも
新連載のテーマは「会食」。とかく多忙なビジネスパーソンこそ、わざわざ会食をするからには相手と場所を選んでいるはず。そして、会食に対する考え方や哲学は人それぞれでしょう。トップのそれらから学べる連載になればよいな、と思っています。
いち太は、何度か行きました。なかなか予約が取れないのが悩みですが。
トラディショナルな日本食で、最後に蕎麦が出るのは珍しいと思います。

全てにおいて、一流のお店です。
美味しそうなお品書き。支払いは、キャッシュレスですよね。
会食は、ビジネスをスムーズにさせる潤滑油であると同時に、自分を分かって貰う場だと思います。
となると、お店の選定もその人の個性を発揮できるわけですから、皆さん拘りますよね。
美味しさと同じくらい雰囲気やお店の方の立ち居振る舞いが大切だと思います。

私が会食の場を設定するのは、外国人の方が多いですが、最近ではお店の方が外国人慣れしてきて助かっています。
この連載について
ビジネスには付き物の会食、接待。世の経営者たちは、どんなお店で、どんな相手と、どんな会話を楽しんでいるのか。「トップの仕事ごはん」の現場を直撃する。
この連載の記事一覧