新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
早い方がいい、遅い方がいいと二元論的には語れないですが高校時代、全員必須の0時限目の開始時刻が7時半でした。

すると5時台に起き6時半に家をでる。授業が終わり予備校を出るのが21時 帰宅22時、そう五時間睡眠。

高校三年時の欲求は『寝たい』と『本読みたい』。
何もしなくていい四年間のモラトリアムを獲得することが受験勉強のモチベーションでした。

一年ちょいの五時間睡眠はいいBoot Campになりましたが
三年のタームでみたら早くか遅くではなく、塊で7時間以上睡眠取る方脳にも身体にもがいいのは明らかでしょう。
アメリカでは定説になりつつあり、我が家(カリフォルニア)でも3年ほど前から高校は1時間遅れの始業になりました。

メラトニンの分泌サイクルによる深い眠りのパターンが年齢によって異なり、ティーンの時期は人生で一番「遅い時間」に眠りのピークが来るため、というのが理由だそうです。だから、大人の仕事よりも、高校の始業を遅くするのは理にかなっているのだとか。

私の読んだ記事そのものは見つからないのですが、例えばこれなどご参考に。
https://www.ted.com/talks/wendy_troxel_why_school_should_start_later_for_teens/transcript?language=ja
ビジネスマンは逆に8時には出社しなければならないのに?

高年収目指すなら8時までに出社せよ? 一流ビジネスマンの睡眠事情
https://newspicks.com/news/3884371
睡眠不足で満員電車で登校して授業を受けるより、始業時間を遅らせるという方法の方が日本でも合理的かもしれません。

日本の中高生の中には、学校が終わった後塾に行く生徒がたくさんいます。
いきおい、寝る時間が遅くなってしまいます。

始業時間を遅らせることで、かなり改善されるのではないでしょうか?
自分の高校時代に当てはめると、授業の始業時間が1時間伸びるということは、イコール朝練の練習時間が伸びることを意味するので、余計に疲れて1時限目から寝てしまっていたでしょうね…。

アメリカの高校の事例ですが、「部活」「朝練」というアメリカにない文化、慣習を考慮しないといけないです。
平均値で見たら上昇するでしょう。

そもそも、睡眠リズムは人によって異なるので、個人の成績が上がるかは別問題です。
試験的な成績を上昇させるのであれば、マスの教室授業ではなく、質の高いアダプティブラーニングを目指すべきかと、
「起きる時間を遅くすると、就寝時間も遅くなって効果がない」ようにも思いますが、そうでもないのですね。やはり「日付が変わったから寝よう」といった意識が働くのでしょうね。
P.S.
少なくとも「平日と休日の起床時間の差が小さくなる」という効果はありそうです。これについては、大人も同様だと思いますが。
> 米ワシントン州シアトルで、高校の始業時間を7時50分から8時45分に遅らせる実験を行った

そもそも7:50開始が早すぎる気がしますが、こんなもんでしたっけ?日本の高校も。
2時間、遅らせても。