新着Pick
1410Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日韓のGSMIA締結は2016年のことですが、締結にあたっては、韓国内で日本を仮想敵国視する風潮から、軍事機密の共有に根強い反対があり、締結が4年も伸びた経緯があります。

日本とすれば3年前に戻るだけとも言えますが、過去の経緯からみると文政権としてはGSOMIAの破棄は、日本は仮装敵である、という国民向けのメッセージとして、象徴的な意味で大きな意味があるわけです。

しかし政治的な点を除いて、純粋に安全保障の観点から言えば、日韓両国にとっては良いことなど何一つあるわけではなく、喜ぶのは中国と北朝鮮だけです。
なんという愚かなことかと思もわずにはいられません。
3時間に及ぶ会議の末の決断と聞いています(消息筋)。破棄のニュースが流れる少し前までは、例えば、Korea Timesは「Cheong Wa Dae expected to extend GSOMIA」(青瓦台はGSOMIAを継続の方向)と報じていました。

長時間の会議だたことと、日韓関係の悪化を受けてからのKorea Timesは、日本に厳しいスタンスの報道を続けていたにもかかわらず、GSOMIAは継続されるだろうという臆測を出していたことを考えると、兎に角破棄だ、ということではなかったことが推測されます。

政権内部で相当な議論があったと聞いています。政党をみれば、保守系はもちろんGSOMIAの破棄(更新中止)に対して慎重でしたし、革新系政党(進歩系政党)のなかでも、そこまでやってしまうのか、という意見が出されていたと聞いています。

GSOMIAは実質的に意味がないという見方もありますが、これは米国を軸とした日米、米韓という合わせ技のトライアングル同盟の象徴でもあり、北朝鮮など東アジアの安全保障体制の中に、この枠組みが存在すること自体に意義がありました。また、いざというときには実質的にも機能することになります。

次に焦点になるのは、米国の反応、そして韓国国内の世論、北朝鮮、中国、ロシアです。韓国でも、流石にこの一線は越えてはいけない、という意見は存在していました。まずは、今日の夜にかけて、アメリカの政権要人の発言、韓国のオンラインメディアがどのような論調になるかが要ウォッチとなります。

在韓米軍が存在することの意味は、日本の安全保障にとっても極めて重要です。もともと、アメリカはここ数年、リバランシング(軍事力配置の見直し)を続けており、在韓米軍の再編をしてきています。仮に在韓米軍がなくなると、防衛の最前線は対馬となり、それに対応する在日米軍ということになります。

日本にとってベターな安全保障環境を追求するには感情的にならず、粛々と次の手を打つことを考えて行くことが必要です。

過去、NewsPicksで下記のような特集を組みました。朝鮮半島をめぐる日本の安全保障を再考するための資料として、ご活用いただけると思います。

特集「朝鮮半島クライシス」2017年4月8日〜16日
https://newspicks.com/book/584
先日の日中韓外相会談で北朝鮮非核化に向けて緊密連携を、という流れがつくられた矢先の、この決定。日韓両国間だけで秘密情報のやりとりができなくなるだけでなく、日米韓の三国間の情報共有にも大きな影響が出ます。どういう理由での判断かは詳報待ちですが、安全保障のカギになる政策の行方が外交関係の冷え込みや世論に左右されるのは望ましいことではありません。
予想外の結果だが、協定破棄で困るのはむしろ韓国側の方ではないか。それにしても文政権の日本に対する傍若無人ぶりが際立つ。アメリカもこのまま黙っていないはず
そもそもお互いの輸出管理が信用できないと相手のことを評価している以上、より機密性の高い軍事情報についてはなおさら信用できない、という理屈は成り立ちますね。

さてさて、アメリカのための軍事協定だけにアメリカはこの事態をどう見るか。
韓国としては当然こう出ると予想したが、
あまりにストレートな行動に呆れてしまう。

この調子で外交安保を切り回して行こうと
言うのだろうか?

相対的中規模国が取る道としては、
少々チャレンジングだと言わざるを得ない。

大丈夫か、韓国?
安全保障の分野にまで感情論を持ってきたとなると、これはもう夫婦げんかか子どものケンカのレベル。日本が失うものは何もないので、放っておくだけですね。SamsungやLGが世界企業になり、1997年の財政破綻から順調に立ち直り成長してきたのに、こんなくだらない感情論で国がダメになっていくのは、本当の国民お気の毒としか言いようがない。日本よりも深刻な少子高齢化が目前で、日本バッシングで溜飲を下げている場合じゃないのになんとまあ愚かなことか。
GSOMIAはもともとアメリカ主導で結ばれている上に、日韓という観点でいえば対北朝鮮の枠組みから離脱するという意味なので、これまでの様々な流れからも、基本的には北朝鮮と韓国は急速に「裏で」近づいているということなのだろうし、そもそも情報を漏洩しないための枠組みであるのに実は横流ししていたという噂がある意味で確信に近づいているのではないかと思う。

金正恩は文政権を批判しているが、それは「表向き」という可能性もある。なぜなら、金正恩が文への秋波を送っていれば正面切ってアメリカとケンカを売ることになるわけで、

表向きは批判しつつ、中、ロ、北朝鮮、韓国が裏でガッチリ組んでいるという可能性もあるのでは?と考えます。
それにしても、この執念深さと性格の悪さは・・・嫌悪や呆れをとおりこして「いじらしく」もなってきますね~。

駄々っ子も一線を越えると、かえっていじらしくなるのと同じでしょうか?

一生懸命努力しているということで・・・。
アメリカの方を含め、いろいろな方と意見交換をしていたのですが、「破棄はない」が前提でした。国家間の関係が崩れるという象徴的な影響は大きいところ。