新着Pick
502Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
横浜は兼ねてから期待されてた都市で、素晴らしい意思決定です。カジノカジノと反対する人のために、IRを推進すべき理由を箇条書きしてみる。殴り書き。

・IRとはカジノのみではなく、ショッピングやエンタメすべて
・つまり日本人にとっても新しい体験をたくさん得られる
・カジノがある都市で治安が悪い都市はないか、むしろ良い
・アジアにはマカオ、シンガポールという最良なモデルがいる
・韓国もここに来てカジノリゾートが強いコンテンツになり始めている
・そもそも日本の経済状態で、しのごの言ってる場合じゃない。外貨稼ぎまくるべき。
・よくある反対派の「パチンコの規模のがカジノよりでかい」はグロス計上のパチンコ、ネット計上のカジノなので比較数値が根本から間違っています。
・依存症増えるというか、すでに大量にいるのでこれ以上増えないのと、日本人が日本でカジノやるのはコスパ悪い(orそもそも入れない)から全く関係ない。
横浜市民の多くは反対している。本当にIRが必要なのか納得のいく説明がないからだろう。経済効果を前面に打ち出すのなら、IR誘致により住民税がどれぐらい軽減されるのかといった、市民にとっての具体的なメリットが必要(横浜市民の住民税に対する負担感は高い)。このまますんなり事が進むとは思えない
カジノ誘致で盛り上がってますが、IR法の本来の目的は国際会議などのコンベンションを誘致できる施設を作ろうとするもの。東京国際フォーラムと並ぶ収容人数が多いパシフィコ横浜を持っていて、さらに羽田空港からもアクセスもいいし、このカジノ誘致に一定の利があるのは確か。
横浜で"藤木"と言ったら港湾のラスボスと言った印象です。
しかし、89歳と高齢でその影響力も薄れてきているのではないでしょうか?その上、和製プーチンこと菅官房長官のお膝元の横浜ですから、一気に進むでしょう!
突然の誘致表明に違和感を感じるのは、小説やドラマの影響でしょうか。「世界1位のラスベガス・サンズ(米)はこれまで、日本進出に向けて大阪を最優先候補地としていたが、横浜の動きを受けてこの方針を転換した」。

横浜市では、多くの市民が反対しているようです。市民の納得のいく形で誘致できるのかどうか。これから相当なパワーが必要ですね。
白紙になった状況から一転。横浜市も誘致に名乗りをあげました。
とはいえ、去年横浜市が市民に対して意見を求めた統計では、94%もの方が誘致に反対をしています。
ハマのドンも断固として反対姿勢を示し続けています。
経済効果はあるものの・・・横浜市はどのような対応をしていくのでしょうか。

また、国は病的賭博と言われる『ギャンブル依存症』に対しての対策案も提示はしていますが、実際にギャンブル依存症になった元関脇の貴闘力さんにお話をお伺いすると、「意味のないもの」と一掃されていました。
さらに、【カジノはギャンブルの横綱】だとも。
入場料を設けようが(6000円って高いですよね…)
制限日数を設けようが、行くものは行く!と。
他のギャンブルと違って24時間楽しめるとなると、ずっと居続けるよね、と。
お金がなくなるまで行くのが「ギャンブル依存症」で、楽しいから好きだからやめられない、と。

依存症対策に関しては横浜だけに限ったことではなく、全国的な問題でもあります。
治安の問題やカジノというイメージに関してもそうです。
メリットがあれば、必ずデメリットもあるわけで、その部分をどのように埋めていくのかがこれからの大きな課題となるでしょう。
訪問者2000万人、自治体収入増820-1200億円。この数字が正直まだ腑に落ちていませんし、横浜にその収容キャパがあるのかも気になりました。どちらかといえば、千葉に持ってきてほしいです。土地もありますよ。
カジノを含むIRの誘致については、何はともあれ冷静な議論が必要だ。ちなみに、首都圏の横浜の計画でも年間訪問者数は2000万人なのに、大阪維新の会が主導する夢洲IR計画は、年間2480万人の来場者を想定している。これには、冷静に考えて、採算的に危険な皮算用ではないかという懸念を抱かざるを得ない。
2017の市長選で林市長は積極誘致から白紙、もしくは誘致検討にトーンダウンし当選しています。他の候補は誘致反対。選挙対策としてトーンダウンさせたのは容易に想像できます。総理大臣と違い市長の権限は強い。やる気になれば一気に進むかも
大阪と横浜は大本命だと思います。日本は3か所作る予定なので残りはどこになるでしょうね。
近くに国際空港があり、大都市のそばとなると絞られてくると思います。
本来なら、多少条件が悪くても沖縄があったのですが、最近、霞が関としっくりいっていません。
最後の一つが気になります。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。