新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ぶれないことだけが大事。
さとママはさとママで「ぶれない」ところが良いと、どこかで書いた。
ただ、「ふたつの道を一度きりの人生で歩むのは無理ですから。
中途半端になってしまったら、子どもに対しても仕事に対しても失礼じゃないですか。
そこは割り切らないと。割り切り方が中途半端なんだと思います。」とか言い切られた途端に、現場で多くの母たちと接していると、すごく不安になる母も多かろうと思う。
でも、両立して輝いてる方も、間違いなく大勢おります。
答えはあなたの中だけにある。決意して、やり抜くかどうか。
共演させていただきました。佐藤さんのお考えは極めて明快で、もやもやを抱えるママの中には痛快に感じる方も多いと思います。

ただこれは大学受験というルールが決まった世界で勝ち抜くのに良い考え、つまりアスリート養成法に近いのではないかと感じました。

現在の育児はスポーツや受験のように分かりやすい目標設定ができない場合もあります。母子共に納得のいくKPIが見つけられた場合は幸せですし、サトママのように突き進むのも一興でしょう。ただ何をもって成功とするのかが定義しずらいのも育児。サトママの言説はその複雑性をぶった切ってしまうのではないか。そんな心配もよぎりました。
(もちろん、佐藤一家自体を問題視しているのではなく、佐藤さんのやり方が一般化されてしまう過程についての心配です・・)
ワーママの大きな悩みの1つが、子供の突然の病気なのではないでしょうか。
前日までに体調不良が分かっている場合には、
病児シッターや病児保育をお願いするという手段がありますが、
・日中保育園から「今から迎えに来てください」と言われる
・朝起きたら子供の体調が悪そう
のケースは、どんなに重要な会議があろうと、どんなに忙しかろうと、ママ/パパが対応するしかありません。

一方で、病児保育室は国/自治体から助成金が出るにも関わらず、平均年間100万程度の赤字ですし、病児シッター大手のフローレンスはNPOです。

つまりPainは大きくても、儲かる事業にならないため、民間からサービスが生まれづらいのが現状です。

大変難しいとは思いますが、個人的には、企業内保育所のように「企業内病児保育所」を国と会社とでお金を出し合って作られるといいのになと思います。
私は、「育児は仕事」という考え方には反対ですね。家事とは違います。仕事は対価や結果があるのが基本ですが、子どもが大人になることが対価や結果なのでしょうか。
育児とは、「子どもを育てる」という自分が主体のものではなく、「育つ子どもをサポートする」ものだと思ってます。

あと、私の友人に、子ども5人いながら、親の援助もなく、司法試験を受けて弁護士やってる人いますよ。4人いたら働くのは無理、ではない人もいます。
さとママさんは言葉がスパッとしていて気持ちいい。堀江さんに似たところがあります。共通点は、「すごく勉強になるけど、真似できない(笑)」
「育児も家事も仕事」というのは、これまでの専業主婦の役割をそのままあらわしただけで、あまりアップデート感がない、感じるのは私だけでしょうか。

「良い大学へ入れる」ということを仕事の一つの「成果」指標とされていたかと思うのですが、振り返って、今のこの時代に、良い大学へ入れる以外の成果指標があるのか、今求めるとしたらどのような代替指標があるのか、佐藤氏にお伺いしたいと思いました。
育児は仕事。この視点はとても大事だと思います。なので子どもが生まれてからは仕事をしている誰もがパラレルキャリアになるわけです。ただ育児のウェイトは未だ母親の方が高いので、その負荷が大きい。育児中に定時に上がるというのは、休むために上がるのではなく次の仕事に向かうということ。この感覚を上の世代の男性は自らの経験として持っていないので、職場が何となく帰りづらかったり申し訳ない空気になってしまいがち。上手くバランスのとれる社会にしていきたいです。

ちなみに仕事として育児を見ると、自分の仕事力のなさを思い知らされます。なにせ全てが予定通りに進まない。小さい子がいると買い物ひとつ、出かける準備の時間から、途中のぐずり、突然のトイレ等々で帰ってきた時にはヘトヘトになっていたりして。で、帰ってきたら「あれ、頼んだやつ一つ抜けてるけど」なんて言われて、仕事の出来なさに打ちのめされます(笑)。
さとママさんのコメントには聞き入ってしまいます。
でも、さとママさんのいうことをそのまま受け入れても、うまくいくというわけではなく。
当たり前ですが、我が家の状況に合わせた子育てと自分育てが必要です。
さとママさんの宗教法人化が気になります笑
専業主婦も、特に4人の子供を育てるとなると、立派な仕事と言わざるを得ません。そもそも業務量は普通のサラリーマンより多いでしょう。働きに出る事など到底無理でしょう。
P.S.
家電製品が整い、コンビニ弁当が簡単に手に入る時代ですから、子供がいない専業主婦を立派な仕事と呼ぶべきか否かは、議論があるでしょうが・・・
この連載について
NewsPicksのオリジナル記事に登場するイノベーターの名言、人気インタビュー、人気シリーズをハイライトしてお届けします。
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
4,457 億円

業績