新着Pick
393Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだこれからとのことですが、タッチ決済と楽天EdyやSuicaのような既存サービスとの連携を打ち出しているのは好材料と思いました。独自のQRコード決済が乱立しないよう配慮している感じはあります。

店舗側の負担について、確かに導入コストはかからないですが、決済手段が増えると理解・説明の工数はかかるのでやっぱり負担ではあるんですよね・・・

やっぱり今の状態はユーザーにも店舗にもフレンドリーではないので、横連携がもっと進むといいなぁと思います。楽天さんがその基盤を作ってまとめ上げていくのは十分あり得るかと。
FeliCaの使い勝手良さから、今もEdyをよく使っています。ただ、改めて記事を読んでEdyって楽天なんですよね、ソニー&ドコモの頃ではなく。
楽天を全く利用しない私にとって、ポイントなど含めなにも恩恵は受けていないことを改めて知り、使い勝手と提供社の利害関係を改めて考えさせられました。
確かにGPSを活用すれば、位置は確認できるわけですし、「○○ペイで決済する」という意思表示を、加盟店と加盟店を経由して決済事業者に行えれば良いわけですからね。

次なる段階としては、ユーザーがスマホやICカードをカバン、財布、ポケットから出す動作を、スキップできるようになる、というところが目標になるのでしょうか。
そのような世界観が本当に実現するとしたら、世の中ほとんどがキャッシュレスになるのでしょうね。
中国のアリペイやWeChat payを真似だけしてもしかたないので日本のオリジナリティーを出してほしいです。
そして世界で使えるようにしてほしいと思います。
日本だけで進化するとまたガラパゴスになるので。
楽天ペイは経済圏の紐付きで強いですよね。手数料も3.24%ですしキャッシュレス事業の申請をしておけば実質2.16%に。PAYPAYやLINEpayと比べるともちろん高いですが、利便性高いです。
QRもSuicaもEdyも楽天ペイで完結。もちろん楽天ポイントと連携。これは強いな〜!
これが便利かどうかではなく、
あらゆる決済方法に対応するという戦略なのだと思う。
「「セルフ支払い」の機能を加えた。対応店舗のページで商品の金額を入力すると決済が完了する。」
アプリ決済、サービス乱立で消費者は混乱気味ではないでしょうか。一旦使い慣れたQRコード決済をそのまま使い続ける傾向があると思います。
suica連携は利便性高いですね。楽天ポイントを軸とした楽天経済圏はホントに強い。ポイントで投資信託とか買えちゃうし、このプラットフォームはかなり強力だと思います。
QRコードを利用した送金の相手が店舗になるといったイメージだと思う。もともとQRコード決済のメリットであり、PayPayなどはすでにかなり普及している。使える場所が増えることで、楽天も楽天ポイント経済圏、すでにかなり多く発行している楽天カードをしっかりと利用したキャンペーンなどが増えてくるのではないだろうか。