新着Pick
566Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Goodpatch土屋さんと「デザイン×経営」をテーマに対談させていただきました!

学生時代の建築デザインをバックグラウンドとして、社会人になってから、経営コンサル⇒営業⇒事業企画⇒M&A/PMI⇒経営企画⇒コーポレート⇒新規事業⇒経営、とこの10年強でさまざまな立場を経験してきましたが、ひとまわりして思うのは、「デザインと経営の距離はどんどん近づいてきている」ということ。

デザインは単なる意匠ではなく「思考のプロトコル」であり、単なるアートではなく「アートとサイエンスをブリッジ」するもの。世の中の考え方を❶アート=一人称の直感的領域、❷クラフト=二人称の経験的領域、❸サイエンス=三人称の分析的領域、でとらえたときに、サイエンス偏重の限界が見えてきた中で、アートに立脚しながらも、サイエンスへと翻訳できるデザインの力がとても重要になってきた。

たとえば新規事業のケースでいうと、ビジョンから始まって、ユーザーに届けるべき価値を実際の機能に転換してこれをビジネス化していくプロセスに一貫性を持たせるのは、とても重要である一方で、ことさらに難しい。なぜ難しいかといえば、これらを一気通貫で横断できる人がなかなかいないから。

そういう意味で、新規事業である「Lancers Enterprise」の初期立ち上げにおいて、デザインパートナーとしてGoodpatchさんにチームに入ってもらい、「ビジョン⇒コアバリュー⇒UX/UI⇒開発⇒ビジネス」と、表層のデザインから深層のデザインまで、クリエイティブからテクノロジーからビジネスまで横断的に入ってもらったのは貴重な経験になりました。

実際に「Lancers Enterprise」の事業が立ち上がり、「企業と個人が共創できる社会をつくる」というコンセプトを少しずつ前進させていく中で、社内外の人材がシームレスに一体となったチームで新たな価値を創出することの可能性をあらためて感じています。これからの時代は、アウトソーシングではなく、パートナーの「インソーシング」へ。

https://www.lancers.jp/enterprise
書きました!デザインがアートではなく体験の設計だということは、ライター・編集者としても同じ価値観を持っています。定量的に評価しにくいからこそ日本では定性的な職種のプライオリティが低い。
それが根本的に変わって行くといいなと思っています。グッドパッチさんとは間接的ですが古巣でご一緒したことがあってなんだかご縁を感じました!
> アートが一人称のふわっとした映像の世界だとしたら、サイエンスは三人称のカチッとした数字の世界。それをブリッジするのがデザインだと思っています。

この部分とても刺さりました。アートとサイエンス両方の観点を持てるデザイナーは企業からの需要がとても高いです。なかなか人材も少ないですし、インハウスで抱えるのはかなり難しい印象です。弊社でも常に求めています……
ベルリンなどで、本格的に「世界中の人材の適材適所によるビジネス化」を実現していて、カッコいいよね。
ほんとこれな