新着Pick
252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
“今後は「どこの大学が、起業のノウハウを学ぶ上で環境が良いのか」と考える学生が増えても不思議ではないだろう。”

大学の環境は確かに重要です。ただ、アントレプレナーシップって小学生高学年からでも基礎が学べます。マーケットの規模に拠る部分が少なくないですが、フィンランドでは小学生からアントレプレナーシップ教育は盛んですね。

「起業」の入口のハードルをもう少し下げて考えてみても良いのではと思います。まずは、レシートに書かれてる品目、数字が何を表すのか、それはどのように私たちの生活に影響を与えるのか等、私たち大人でも分かっていないことが多いのではないでしょうか。
ばくっと社長数でなく
・起業した社長
・登用された社長
・承継した社長
・上場非上場など
を数と出現率でみると学校のカラーが際立ちそう。
こうした卒業生の社会人になって移行の価値を大学がどう活用するか。いまは就職先しかみてないでしょう。
「社長になるかどうか」よりも、(卒業後の職種を問わず)(たとえば40歳の時点で)「父親の年収の2倍を達成した卒業生の多い大学」ランキングなどあれば、進学先を選ぶうえで、大いに参考にされるのではないでしょうか。
 圧倒的に社長の輩出数が多いのは、「日大10万」と号する日本大学であることは、昭和の頃から変わりません。日本で最も学生数が多い大学だから、ということもありますが、親が(特に中小企業の)経営者の家庭の出身者が多いというのが主な理由と思われます。このランキングは、そういう家庭出身者が行く大学である、という要素と大きな相関性があると予想されます。
 「社長業」というのは、世襲である場合が非常に多いです。これは上場企業であっても、自分で起業した場合であっても、社長というのは親が社長であったという家庭環境出身の人が多いと思われます。これは、融資や発注を受けやすい人脈を持ちやすい家庭出身であるということでもあります。欧米や中国であっても、起業する人間が大学で起業のやり方を大学で習ってから起業する場合が多い、とはあまり聞きません。ブッシュ家がそうであるように、富裕な家の慣習として皆若いうちに起業を経験する、といったケースの方が多いでしょう。
 国立大学は、全国津々浦々にいる、そういう家庭出身ではないけど、勉強はできる子どもが階級上昇していく機会を提供する、という社会的役割が大きいですね。
大学によって学生数に大きな差があるので、「数」で判断するのはどうかと。「大学」と一括りにしても学部によって異なりますし。
日本はまだまだ世襲の中小企業が多いから、その社長も含まれると起業の参考には全くならない。
起業したいくらいの学生であれば、データに頼らず、学べることや環境を自分で調べて、望ましい大学・学部を選ぶのではないかと思いますが。
大学に頼るようでは成功しない。

起業に関しては、周りにいる人たちからの影響があることは事実でしょう。自分もやってみようとなるので。

ただ、社長輩出上位の大学を卒業すれば、上場企業の社長になれるわけではない。

とりあえず起業すれば、誰でも社長になれますが、成功することとは違う。

そもそも、大学に頼ろうとする人は起業家に向いていないでしょうね。
確かにノウハウも大事だけど、自分でも起業出来そうっていう勘違い。一歩まえに踏み出す勇気が大事。
早稲田大学の起業家養成講座が何かをやろうとする、そのきっかけになればなーと思ってます。

https://medium.com/@takeyadesaki/早稲田大学-起業家養成講座-を履修してみて感じた魅力-a3b24581c80f

『今後は「どこの大学が、起業のノウハウを学ぶ上で環境が良いのか」と考える学生が増えても不思議ではないだろう。』
結論として早慶、東大京大という普通のランキングになっているのであまり面白味のない記事でしたね。ただ、時系列で見ると、東大生が若いうちから起業するケースが本当に増えたと感じます(肌感覚ベースですが)。こういう行動は身近な人がやっている、というのが影響する因子としてはもっとも大きい、という研究があるようですがそのサイクルが回りつつあるように感じます
一言に「社長」と言っても、個人商店が法人成りした会社が日本にはたくさんあります。
会社の数でいえば、全体の9割くらいが中堅中小企業と記憶しています。

上場企業と言っても、これまたピンからキリまであります。

東大や京大卒が多いのは、銀行や商社に就職して関連の上場企業に転籍するケースも多いのではないでしょうか?

起業家教育に力を入れるのはいいことだと思いますが、学生の就職人気が公務員や大企業に集中する安定志向をいかに変えていくかが大きな課題でしょう。
起業家教育は今後の大学において鍵になり得ると思いますが、一方で現在の社長の輩出数については、さほど大きな意味をなさないのではないかと個人的には思っています。

そもそもランキングにある大学は偏差値と卒業生数を考えると、それほど意外性がなく、上場企業の社長数で東大京大が多いのもそうだろうと。

一方で国際教養大学やAPUのように大学として尖っていても歴史が浅かったり大学規模が小さければ、リストに挙がってくることはありません。

スタートアップ、ベンチャー界隈の社長だけを抜き出したランキングがあれば、見てみたい気はします。
最後の方にあるこのセンテンス
「今後は「どこの大学が、起業のノウハウを学ぶ上で環境が良いのか」と考える学生が増えても不思議ではないだろう。」

この定量化が必要ですね。

上場企業の社長というKPIも、自ら起業して上場させたのか?
社長も自らが初代かつファウンダーなのか?

サラリーマン社長が悪い訳ではないが、起業して社長になって上場する社長とはキャリアマップが全然違う。

これをごちゃ混ぜにしたランキングは今の時代に合わないし、大学の評価にもならない。

更に言えば起業を重要視するのなら、MBAや大学院、専門職大学院も評価が更に上がるはずだ。

良い流れなので、この指標ちゃんと作ってもらいたいですね。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。