新着Pick
619Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取引銘柄が少なく、手数料もとる、というのは、米国のRobinhoodなどと比較すると、1周も2周も遅いサービスのように見えます(スマートプラスのStreamの方がその点は先進的)。

伝統的な野村の証券ビジネスのUXを改善しただけにみえますので、もう少し個人投資家にとって真にメリットが出るようなサービスを提供できるよう、更なる発展に期待します。

その点では、UXを改善するだけは、本質的にその商品の価値をアップデートできないと思いますので、金融出身者がいないことは、強みでもあり、弱みにもなりえます。
二点、株式投資のハードルと、野村が合弁でやるということについて。

株式投資のハードルが高いというのは事実。4000近い銘柄があって、海外まで含めればもっと多い。そして投資をすれば自分の資産価値が変動する。知らないで投資をすることもできるが、損すれば勉強していればよかったと思いがち。一方で知れば知るほど投資の意思決定というのは難しいし、さらにそれでリターンが確実に上がるわけでもない。
ただ、参加を広げることは、証券会社としては重要だが、どこまで個人として重要か。リターンが上がらなければ続けようと思いにくいのだが、記事にあるような美人投票の側面がある。おまけに初心者でも参加できても、「初心者用の株式市場」というものはなく、時に草刈り場になることもある。一方で、やってみないことには分からない部分も多いわけで…

もう一つ、野村が合弁を組んでやることについて。対面のビジネスが中心のなかでそれを脅かすようなトライがしづらかったから、といった言及がある。そうだろうなぁと思いつつ、併せて、それくらい対面チャネルの強みという「競争力の原資」が弱くなっているから、合弁にしてでもやらざるをえなかった、というのもまた一側面だと思う。
株をやったことがない人が、始めてみたくなるUI・UXとは。価格や時間帯の制約もありますが、何よりやはり「どれを買ったらいいか」の分かりやすさが重要なのではないかと感じます。あとは、いかにゲーミフィケーションの要素を盛り込んで「勝ち」の体験を作れるか。
LINE証券がどのような試行錯誤を重ねていくのか、これからも注目していきたいです。新たな指標作りのところも気になります。
LINE証券によって個人投資家の裾野がどのように広がるのか楽しみです。「お気に入り数が多い」といった指標によりどのような分析ができるのかも未知数ですが、営業マンに勧められて投資判断するよりも、「お気に入り数が多い」というファクトに基づく結果は情報格差が無いのでフェアだと思います。
合理的市場仮説によると、特定銘柄の株価の将来予想は不可能とされています。
現在の株価に、その銘柄に関する情報がすでに織り込まれているからです。

「この会社の新製品、美味しいね」
という情報も織り込まれているので、上昇要因にはなりません。

1株単位からできて選択肢が限られているので、まさに「株式取引ゲーム」という感覚でしょう。

ただ、野村證券と提携しているということは、手数料が高いのではないでしょうか?

手数料が高いと、頻繁にゲームに興じているうちにお金が目減りしてしまう恐れがあります。

それも勉強のうち、と言えなくもありませんが・・・。
他人が何に投資しているかって身近な人でも知らないものなので、それがわかるのはおもしろいと思いました。

人気の会社の株価が落ちたら炎上、なんて笑えないことも起きそうですが、企業からするとその火消しも含めてIRという捉え方もできますし、そのような形であっても今まで投資に関心の無かった人が関心を持つこと自体はいい方向だと個人的には思います。

野村から見ると、店頭中心の従来の顧客層とは被らないのでしょうし、店頭ばかりでは伸びないのでこの波に乗らざるを得ない、ということなのでしょう。
株式掲示板を見て売買している個人投資家のパフォーマンスは、他の個人投資家のそれと比べて有為に低いという話を思い出しましたが、どうなんでしょうね。
プロはその方のお立場上バイアスがかかる場合がありますから、注意が必要でしょう。
追記 何が買えるのか気になったので一覧を探してみた
https://help2.line.me/LINESecurities/web/?contentId=20012014

金融ビッグバン(売買手数料の自由化、外為法改正)のような、規制緩和・法改正とセットで、上手くやったら一儲けできるかも、という期待が醸成されない限り、新しい金融ビジネスが盛り上がることはないだろうなぁ、という気がしている。
ネット証券もFXも経営に携わったことがありますが、一般的に取引高の上位10-20%のユーザーで収益の大半が生まれています。

株取引の初心者ターゲットのLINE証券が、収益という観点では将来的に中上級者をどう取り込めるのか気になります。取り込まない方向なのかもしれませんが、だとすると育ったユーザーが大手ネット証券に流れてしまいそう。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。

業績

野村ホールディングス株式会社(のむらホールディングス、英語: Nomura Holdings, Inc.)は、東京都中央区に本社を置くアジア最大と同時に世界的影響力を持つ投資銀行・証券持株会社である。キャッチコピーは「Basic & Dynamic」。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 ウィキペディア
時価総額
1.66 兆円

業績