新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
消費財業界20年のアクセンチュアコンサルタントが語るこの業界に起きている地殻変動の解説です。どの業界でも起きているデジタル化への対応がメインですが、商品サイクルが早く、移り気な消費者のニーズに素早く対応しなければならないこの業界の厳しさと、デジタル化を阻む意外な壁を語っています。

ピンチとチャンスが交差する時代であることをつくづく実感させられます。
ここで指摘されている顧客体験で製品・サービスをくくり直して自社を利ポジションするというのはとてもよくわかりますし、その際、顧客セグメンテーションの精緻化とライフタイムバリューの最大化のためにデジタルソリューションが必要だというのは理解できました。
 ただ、もう一つの問題を言えば、イノベーション。消費財といえども、製品のイノベーションこそ成功の大前提だと思います。
日本の消費財メーカーがデジタル化できない理由は、大量生産大量消費で作られてきたレガシーな仕組み。変えるのが難しいこと、でも変えないといけないことを伺いました。
直接顧客を捕まえて、直接コミュニケーションを取ることが大切な時代。
B to P(Professional )to G(General )の流れをいかに質高く作るか。
今までの大規模流通からのスタートではヒットは生まれづらいがGのタイミングで大規模流通をどう取り入れていくか。
このマネジメントが大切になっていくと思います。
最後は人材募集なんですけど、おっしゃっていることはその通り。

消費財メーカーだけでなく、メーカー全てがデジタル活用をしながら、お客様に向き合う、D2C志向に変化していく必要がありますね。

ものを通じた体験、リビングサービスコンセプトの実践に挑戦していかないと生き残れない。

今のお客様に向き合えば、デジタル化は避けて通れない。
まさに高速PDCAで沢山失敗と成功を重ねて各社なりのデジタル活用と顧客体験の設計に挑戦してもらいたい。