新着Pick

韓国金融当局、金利デリバティブ商品を調査 大損の恐れ

Reuters
[ソウル 19日 ロイター] - 韓国の金融当局は19日、銀行や証券会社が主に個人投資家に販売した約8224億ウォン(6億7980万ドル)相当の金利デリバティブ(金融派生商品)を調査すると発表した。投資した資金ほぼすべてが失われる可能性があるという。
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人相手にドイツ国債連動デリバティブを700億円販売するとは、驚きですが、少し前から、韓国の投資家が海外デリバティブ取引に盛り上がっているとの報道はありました。

これを受け、数カ月前、韓国の金融当局が、資金の呼び戻しのため国内デリバティブ商品の規制を緩和する方向と報じられていました。
海外物デリバティブを取り締まり、国内取引を促すという方向性なのでしょうかね…

https://m-en.yna.co.kr/view/AEN20190530009100320?
韓国ではたびたび個人向けの金融商品をめぐってトラブルや訴訟が起きています。もう10年以上前になりますが、ハイリスクのレバレッジ型の投資信託をめぐって、今回と似たような調査が行われたこともあります。この時もやはり販売主体は銀行でした。
韓国の個人投資家は、日本とは比較にならないぐらいハイリスクハイリターンな投資を好むのに、取引金融機関としては銀行を選ぶ…という、アジアの中でも珍しい特徴があります。