新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
次の世代を担う子供達に学びたいものが目一杯学べる環境になってもらいたい。
自分も奨学金を複数から支援してもらいながら卒業を迎えた。その後も地道に返済を重ねて、完済したのは38歳の頃だった。
そうやって自分のやりたいことに4年間を費やせたことに本当に感謝しかない。
現在の自分の一助となったあの頃に感謝して。
そして、これからも多くの子供達にそのような機会ができることを心から祈念して。
無利子返済型の奨学金を受け取っていた経験からすれば、むしろ返済義務があることで、ちゃんとした仕事に就かなければというモチベーションになってました。
教育に政策資金が投入されることはよいこと。しかしながら、ほんと政策には不平等感が否めませんね。中流世帯だって、大学資金は全くもって安いものではない。
奨学金制度と教育ローンを比べて議論する事そのものに違和感がありますが。