新着Pick

アップルが販売した高価な製品 トップ21

Business Insider Japan
・最新のiPhoneは1000ドル以上。これは、高級ブランドとして知られるアップルの戦略に基づいている。 ・だが創業当初は数千ドルという価格設定はごく普通のことで、1万ドルを超える製品もあった。 ・アップルがこれまでに販売した高価な製品には、昔のデスクトップPCだけではなく、最近のノートPCやウエア...
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」
https://amzn.to/2Ze1lpw
によると,「アップル」とはジョブスという教祖を崇める宗教.2016年の世界のスマホ市場でアップルの占めるマーケットシェアは14.5%.ところが,利益シェアは79%.アップルはテクノロジー企業ではない.製品を性能以上の高級ブランド品として売ることに成功した.
一昔前の製品が多いですが、アップルのロゴの威力はすごいですよね。

アメリカのドラマや映画で頻繁に登場するアップルのロゴ。
一種のステイタスなのでしょう。

少し前はMacBookAIRが10万円前後で他のノートパソコンよりお値打ちだったのですが、最近はまた値段が上がっています。

「値段が高いもの=高品質」
という人間が抱くステレオタイプに何度となく向き合ってきたのがアップル。

最近、アップルのディスプレイは目が疲れるので、あまり多様はしていません。
ヨドバシカメラに行って、「一番目に優しいディスプレイをください」と言ったら、迷うことなくEIZOのディスプレイを勧められました。

おかげさまで、最近は目の調子が良くなりました。
昔……大学生協の50回月賦でMacintosh Classicを買った。どうせ一文無しだったので、怖いものなど何も無かった。今の私は、アップルストアの若い店員さんに向かって、「あっほう!!ワシはお前らが生まれる前からMacを使おとるんじゃ!」と威張る迷惑なオヤジである。
そう思うと、随分アップルにはお金を使ったと
今更感じるが、今はそのお金を使ってでも欲しい物
をもっと出してもらいたい。
昔は、マックはフェラーリだと言われた。
今はそこまでのイメージは無く物足りない。
頑張って欲しい。
アップル税とありますが、僕にはその感覚はないです。

僕は合理主義者なんで、費用対効果を意識します。

iphoneを使っていますが、これはブランド自慢ではなく、使い勝手がいいからです。

AndroidのフラッグシップであるGalaxyを使いましたが、iphoneの方が操作性に優れていたので、戻しました。

安いandroid端末は、更に操作性が悪かったです。

iphoneを使っているのは、費用に見合っているからです。

逆にパソコンはMacからWindowsにしました。
用途が、副業でしている親の会社の経理と、オフィスソフトだけだからです。

結婚式の時にプロフィールムービーを作った時は、Macが大活躍でした。
家族の思い出にムービーを作りたくなったら、またMacを買うと思います。
この記事でいうとeditionの方向転換の素早さは印象的。言われてみればnice tryと言ったところだが、比較的綺麗に終息させてる。まー、数年で価値の落ちるウェアラブルに機械式腕時計と同じように1万ドルも払う人というのは確かにそうは多くはないだろうな。

またマーケティング戦略の明確な転換にも触れておきたい。
昔のマックの死ぬほど大きな値下げ幅はマーケティングの大失敗であり、消費者は定価で買わなくなる。
これを避けるためには時間がかかっても消費者にとっての機能価値、クオリティの高い良い製品を作り上げて定価で買ってもらえる努力をするしかない。

今も値下げは数年でやるわけだが、値下げ幅は下がっているし、製造国はアメリカではなく、オフショア/EMSによる受託製造になりコストは大幅に切り下げられている。また販売台数が飛躍的に増えていることでこれまた原価は据置パソコン時代からモバイルが進むに従って下がっている。
答えを見れば納得だが予想外だった。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
240 兆円

業績